ワインの無料相談・診断ができる公式LINEができました

ワイン初心者にベストなシャンパンはこれ!世界で有名な銘柄5選

  • シャンパンに詳しくないんだけど、有名で美味しいものをプレゼントしたい!
  • お祝いにシャンパンを買おうと思っているんだけど、どんなおすすめがあるか買う前に調べておきたい。
  • 出来れば安いシャンパンも知っておきたい!

このような悩みを抱えているひとが、解決できる内容となっています。

なぜなら、たくさんの種類があるシャンパンの中から、ワイン初心者でもわかりやすいように、有名でかつ実際に販売していて人気がある美味しいシャンパンだけをご紹介しているからです。

記事の前半では、さっそくおすすめのシャンパンを紹介しています。

また記事の後半では、せっかくのシャンパンをもっと美味しくのむための選ぶコツや、飲み方をわかりやすく解説しています。

こちらを読み終えたころには、世界でも有名で美味しいシャンパンの銘柄がわかるだけでなく、すぐにでも使えるシャンパンの知識も同時に身につけているはずです。

自宅でも、プレゼントでも色々なシーンで使えるシャンパンを、もっと身近に楽しみたいひとは是非ご覧ください。

目次

ワイン初心者でも簡単に買える!世界で有名な人気シャンパン

シャンパンって聞くと高級なイメージだけど、そもそもなんでみんなこんなに好きなんだろう?

どうしてシャンパンがこんなに世界中で愛されるか、皆さんはご存知ですか。

シャンパンは世界中どこに国に行っても愛されている昔から特別なワインですが、一般的にどうしても「高級」なイメージがあるので、セレブの飲み物として一種の憧れみたいなものが、庶民にはあるのかもしれません。

過去には偉人や、有名な女優もシャンパンについて名言を残しているほどです。

そういったイメージの憧れに加えて、とくに女性が好きなワインとして定着している部分もありますよね。

実際にシャンパンが好きな女性は非常に多い気がします。

では何故か?

ひとつ面白い記事を見つけたので、是非こちらもご覧ください。(非常に面白い内容です!)

簡略すると

フランス語で冠詞の使い方は「男性名詞 “le”」と「女性名詞 “la”」があり、飲み物のシャンパーニュは、男性名詞に値するので「le champagne」とフランス語で言い表します。

だから、女性が男性を本能的に求めるということと一緒で、シャンパンも自然と女性が求めているのかもしれません。

こんな面白い側面もあるので、シャンパンにより一層引き込まれるひとが多くいるというのも、どこかおしゃれで納得ですよね。

さて、ここからはそんなオシャレで美味しいシャンパンをご紹介いたします。

おすすめの美味しいシャンパン

さっそくだけど、美味しいシャンパンが知りたい!

飲んでよし、あげてよし、様々なシーンで利用できるシャンパンのおすすめ銘柄を、まずはおさえてください。

後ほど、ワイン初心者でもわかりやすい選び方やポイントを解説いたします。

ルイ・ロデレール・ブリュット

「世界で最も称賛されるシャンパーニュブランド2020」にて第1位に選ばれたトップオブシャンパンメーカーのひとつです。

最高の状態を生み出すのに、必ず3年以上の熟成をさせてから出荷をさせるという徹底ぶりです。

味わいも、究極のスタンダードといわれるくらい、基本に忠実なフレッシュで芳醇な果実味を味わうことができます。

基本に忠実で秀逸なシャンパン!

ローラン・ペリエ・ラ・キュヴェ

ローラン・ペリエのスタイルはシャンパンが持ち合わす味わいのトータルバランスに長けています。

また、ローラン・ペリエのメゾンは、シャンパーニュの100以上の畑から厳選されたブドウを使用するため、その味はとびきりエレガントでピュアな口当たりを演出します。

バランスのいい最上級のシャンパンが楽しめます!

テタンジェ・ブリュット・レゼルヴ

ノーベル賞の晩餐会でも振舞われる、世界でもトップクラスの一流メゾンが、こちらのテタンジェです。

なんといっても特徴は、造られるシャンパンのシャルドネ種の比率の高さにあります。

上質な選び抜かれたシャルドネ種を使うことで、他のメゾンと比べてものにならないほどエレガントに仕上がります。

日本人に好まれる味わいです!

ドン・ぺリニヨン

日本人の誰もが聞いたことあるドンペリの特徴はご存じですか。

実は、特にどこかが特出しているというよりも、全体的なバランスの良さに定評があるシャンパンということが言われています。

さらに高級で個性的なシャンパンはいくらでもありますが、品がよく、上質でかつ万人受けする高級シャンパンとして、ドンペリの立ち位置は不動になります。

なので、接待や、ナイトクラブで利用しやすいことから、今日まで多くのひとに親しまれています。

100人いたら100人が80点をつける安定ぶりに定評

ボランジェ・スペシャル・キュヴェ

あの「007」の映画にも出てくるほど、世界でも大変有名なシャンパンですが、味わいもタイトルに負けないクオリティ。

ボランジェ独自のオーク樽での発酵や、長時間の熟成による独特な風味香り、さらに芳醇な果実味ときめ細かい泡が特徴です。

初めて飲むひとでも、間違いなく美味しいと思えるシャンパンでしょう。

クリュッグなどと肩を並べる異例のスーパーメゾン

美味しいシャンパンを手にするために知っておくといい知識

シャンパンは安くないから、もし買うならなるべく失敗したくない!

ここからは、ワイン初心者の方でも、なるべく失敗しないせず、美味しいシャンパンが買える方法を、わかりやすく解説いたします。

ここが少しでも理解できると、シャンパン選びも非常に楽しくなるので、ゆっくりご覧ください。

ヴィンテージの有無

シャンパンの中にはラベルにヴィンテージが書いてあるものと書いていないもの2種類があります。

通常のシャンパンは、ヴィンテージの記載がないものがほどんどです。

ちなみにヴィンテージとは以下のようにおぼえてください。

ワインの場合、ブドウを収穫した年がヴィンテージになります!

なので毎年ブドウを摘み取りますが、その年の出来や質を考え、シャンパンの場合は様々なヴィンテージのブドウを使うことが多いので、ひとつの年代に絞ることができず、ヴィンテージを表記することができないということです。

逆にヴィンテージの記載があるのものは、その年のブドウで造られているということで、貴重かつ、収穫までのブドウの質が非常に良かったことがあげられます。

よって、ヴィンテージの記載があるシャンパンは基本的には高額なものがほとんどです。

(例えば、上記でいえば「ドン・ぺリニヨン」は、ヴィンテージの記載があります)

以上を踏まえて、ワインを普段あまり手にしないひとがシャンパンを買うときは、ヴィンテージの有無をまずは確認してみて、ご自身の予算と相談して決めてみましょう。

ヴィンテージについてもう少し詳しく知りたいひとはこちらもどうぞ

有名銘柄をおぼえておこう!

一口にシャンパンといっても種類がたくさんあるので、おぼえるのも一苦労ですし、ましては全部飲んでみようと思っても、シャンパンは決して安いワインではないので、間違いなく破産します(笑)

それでも、市販でよく売られていて、皆さんが手にしやすい価格帯のものもあるので、余計な検索などせず本当に普段から買えるような銘柄をおぼえておくことは、非常にいいことです。

もちろん、上記のシャンパンメゾンも定番ですが、その中でもどこでも販売されていて、手にしやすいのが以下の銘柄になります。

おぼえていただきたい銘柄
  • モエ・エ・シャンドン
  • ヴーヴ・クリコ
  • テタンジェ
  • ポメリー
  • パイパー・エドシック
  • マム・シャンドン
  • ルイ・ロデレール

上記シャンパンの銘柄は、比較的お近くのスーパーやリカーショップでも販売されているものが、ほとんどなので、もし何を買っていいか迷ったときは、是非こちらからお選びください。

詳しくはこちらに記事をご覧ください

甘口シャンパンもワイン初心者におすすめ【見分け方も解説】

ヴィンテージやシャンパンの銘柄に加えて、もうひとつおぼえておいておすすめなのが、「甘口」「辛口」の判断材料です。

そもそもシャンパンなんて「辛口」しかないんじゃないの?

こんなことを思うかもしれませんが、甘口のシャンパンも実際に存在し、ワインが苦手な方や初心者のひとには大変おすすめです。

ですが、ラベルに「甘い」「辛い」と日本語で書いてあればいいのですが、書いていないボトルもたくさんあるので、いざ購入しようと思うとわかりづらいとか思います。

そこで、誰でもわかるようにシャンパンの味の表記も本来しっかりと書いてあるのでご安心ください。

✔「甘口」「辛口」判断表

辛さ残糖度フランス表記イタリア表記
甘い50g/L 以上Doux(ドゥー)Dolce(ドルチェ)
甘い32g~50g/L Demi-sec(ドゥミ・セック)Semi Secco(セミ・セッコ)
Abboccato(アッボッカート)
甘い17g~32g/L Sec(セック)Secco(セッコ)
Asciutto(アシュット)
甘い12g~17g/L Extra Dry(エクストラ・ドライ)Extra Secco(エクストラ・セッコ)
辛い12g/L 以下 Brut(ブリュット)
辛い 0g~6g/L Extra Brut(エクストラ・ブリュット)ブルット・ナトューレ(Brut Nature)

上記のフランス語表記を、ボトルのラベルで確認していただければ「甘口」「辛口」の判断がだれでもできるようになります。

あまりシャンパンの甘口は知られていませんが、ベタベタな甘さでなく、上品なできめ細かい泡の心地いい飲み口を体感できますので、是非チャンスがあれば試していただきたいと思います。

もう少し詳しく確認したいひとは下記も参考になります。

シャンパンの保存方法もおぼえておこう!

あとは、シャンパンの保存方法が気になるんだよなぁ。。。

せっかく美味しいシャンパンなので、安心して飲んでいただくために皆さんが気にしている保存方法も解説しますね。

悩まれるパターンは主に2つです。

  • まだ開けていないシャンパンの保存方法
  • すでに開けてしまって、飲み切れない場合の保存方法

順番に解説いたします。

✔まだ開けていないシャンパンの保存方法

いただきものや、大切に取っておいているシャンパンなどの保存方法は下記を守っていただければ大丈夫です。

3つだけです!
  • 温度は10~12度
  • 直射日光の当たらない暗闇
  • ワインを横にする理由は、コルクが乾燥しないように、常に液面をコルクに触れさせるため

日本の夏場で冷暗所は難しいかもしれませんが、その場合は冷蔵庫の野菜室が安全な保存場所です。

ワインセラーが自宅にあれば問題ないのですが、ない場合は上記のように保存してください。

すでに開けてしまって、飲み切れない場合の保存方法

シャンパンのような泡物は、飲んでいくうちにお腹いっぱいになって、飲み切れなくなってしまうこともよくあるはなしです。

そこで活躍するのがシャンパンストッパーです。

シャンパンストッパーがあれば、飲み切れなかったシャンパンも、気が抜けずしっかりと2~3日間美味しく保存を可能にしてくれます。

低価格のストッパーもたくさんあるので、是非ひとつは購入しておいたほうがおすすめです。

おすすめのストッパーはこちらに詳しく書いています!

自分のペースで美味しいシャンパンをどんどん楽しもう!【おぼえるとめちゃめちゃはまります】

ワインにとっても詳しい方がよくいうのは、「シャンパンと、ブルゴーニュにはまったら破産するよ(笑)」なんてことも言われます。

それだけ、高価なものもたくさんありますが、逆に手が届きそうで美味しいシャンパンも多く出回っています。

なので、まずは有名で人気の銘柄をしっておいて、かつ、ゆっくり安心して楽しめるように保存方法もしっかりと熟知していれば、もう怖いものなしです!

世界のセレブをも魅了するシャンパンを、是非まずは自分の身の丈に合ったものから楽しんでみてください。

当ブログ「Meshi Wine – めしわいん」でも、ワイン初心者の方が飲みやすく美味しいシャンパンだけをセレクトしている「マルシェ」がございます。(しかも格安!!)

やさしいワインばかりです!

「Meshi Wine – めしわいん」がセレクトした、ワイン初心者のひとが安心して美味しいものだけを選ぶことができます。

Vegeage Marche – べジアージュマルシェ

また、下記のワイン通販サイトも、品揃えが多くおすすめです。

おすすめ通販サイトはこちらから

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いたひと

飲食業で5年勤務し、その後外資系ワイン会社に転職。
営業職、通信販売部でワインの販売運営し退社。
現在ワインと料理のブログ運営、SNS運用代行をメインに活動。
「日本社団法人ソムリエ協会 ソムリエ」取得。

このブログは、今よりもっと楽しく豊かな食卓をおくるために、ソムリエが誰でもできる再現性のある内容で、ワインのおすすめや情報をお届けしています。

コメント

コメントする

目次
閉じる