ワインの無料相談・診断ができる公式LINEができました

コスパ最強赤ワイン!J.マイヤー・ピノ・ノワールのレビュー

はなこ

ドイツのピノ・ノワールで美味しいのさがしているんだけど、、、

このような方には「J.マイヤー・ピノ・ノワールがおすすめです。

この記事の概要
  1. J.マイヤー・ピノ・ノワールのレビュー
  2. J.マイヤー・ピノ・ノワールの口コミ
  3. J.マイヤー・ピノ・ノワールと合う料理

個人的にもピノ・ノワール品種は大好きで、美味しいワインをさがしているところのにドーンとはまった1本です。

手頃なうえに、上品な味わいが楽しめるので、是非レビューをご覧になってお試しください。

本記事は「@agri_corporation」さまからご提供いただいて作成しています。

目次

J.マイヤー・ピノ・ノワールのレビュー

はなこ

どんなピノ・ノワールなの?

J.マイヤー・ピノ・ノワールの基本スペック

J.マイヤー・ピノ・ノワール

Amazon 参考価格:1,410円(2021年9月時点)
楽天市場 参考価格:1,210円(2021年9月時点)
Yahoo! 参考価格:1,650円(2021年9月時点)

ワイン名J.マイヤー・ピノ・ノワール
赤ワイン
産地ドイツ
ブドウ品種ピノ・ノワール

豊かなフルーツの香り、ブラックチェリーやブラックカラントの濃厚な風味、なめらかでドライな余韻を残す後味。
エレガントでバランスのとれたワインです。

こんな方におすすめ
こんな方は要検討
  • 安くて美味しいピノ・ノワールをさがしていたひと
  • 軽めのワインで和食と合わせてみたいひと
  • さっぱりしたワインが好きなひと
  • フルボディしか飲まないひと

J.マイヤー・ピノ・ノワールの表ラベル

ワインの表ラベルはブドウ品種ごとに色味が分かれていて、ピノ・ノワールの場合は赤い色をあしらっています。
品種も表ラベルにしっかり書いてあるので、どんなワインかわかりやすいようになっています。

J.マイヤー・ピノ・ノワールのバックラベル

バックラベルはシンプルで、こちらは日本語になっているのでさらにわかりやすい表記になっています。

J.マイヤー・ピノ・ノワールのキャップ部分

キャップはスクリューキャップタイプを採用していて、ワイン初心者の方でも開けやすいようになっています。
(個人的にも簡単だし嬉しい!)

J.マイヤー・ピノ・ノワールのワインの色

気になるワインの色は、とっても澄んで綺麗なルビー色となっています。
深くて濃い色味ではないので、見た感じからしてもどっしりしたものには見えません。
それくらい繊細な色合いと風味を感じることができます。

J.マイヤー・ピノ・ノワールのワインと比較しやすいワイン

当ブログでこれまで紹介したワインのなかで「インヴィーヴォ・セントラルオタゴ・ピノ・ノワール」は同じブドウ品種で、飲み比べてみても面白いですよ!

スクロールできます
比較対象/ワイン名J.マイヤー・ピノ・ノワールインヴィーヴォ・セントラルオタゴ・ピノ・ノワール
生産国ドイツニュージーランド
品種ピノ・ノワールピノ・ノワール
参考価格1,210円3,884円

J.マイヤー・ピノ・ノワール

味のタイプ
甘い
辛い
酸味
低い
高い
果実味
低い
高い
渋み
低い
高い

インヴィーヴォ・セントラルオタゴ・ピノ・ノワール

味のタイプ
甘い
辛い
酸味
低い
高い
果実味
低い
高い
渋み
低い
高い

J.マイヤー・ピノ・ノワールの口コミ

はなこ

ほかのひとの感想とかも知りたいなぁ。

「J.マイヤー・ピノ・ノワール」の口コミをまとめました。

お試し前の参考にしてください。

J.マイヤー・ピノ・ノワールの口コミ

透明感のある淡い色合い。

フランボワーズやスイカのリキュールを思わせるチャーミングな香りに、ブラッドオレンジやフラワリーなニュアンスも感じられ、鮮やかな印象です。

スルスルと滑らかで軽快なアタック、クリーンな赤果実のフレーバーにヨード感も感じられ、瑞々しい余韻の味わいです。

楽天から

J.マイヤー・ピノ・ノワールと合う料理

はなこ

合わせやすい料理はある?

合わせる料理のワンポイント

綺麗な酸味に軽めのボディなので、食事は基本的にどんなものにも合わせやすく、
とくに当ブログでおすすめしたいのは和食です。

鮭のホイル焼き

バターをしっかり利かせた酒のホイル焼きは、臭みも少なく赤ワインでも美味しくいただけます。

鮭のホイル焼き

餃子

家庭料理の定番の「餃子」も、お酢や醤油の酸味と塩味が邪魔にならないようなワインの軽さなので、さっぱり食べるおとができます。

餃子

もっとほかの料理もみたい方は、筆者のインスタグラムをご覧ください。

【まとめ】J.マイヤー・ピノ・ノワール

本記事は「J.マイヤー・ピノ・ノワール」のレビューをご紹介いたしました。

この価格でここまで上品で綺麗なピノ・ノワールもそうそうあるものではありません!

正直、よくわからない銘柄を買うくらいなら1,000円台で購入できるので、相当満足度の高いクオリティだと思っています。

もし美味しいピノ・ノワールをさがしているひとは、こちらのワインも候補にしてみてください。

その他「J.マイヤーシリーズ」は色々な種類があるので、合わせて気になる方は参考にしてください。

以上でございます。

「めしわいん (@meshi_wine)」からご覧いただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いたひと

飲食業で5年勤務し、その後外資系ワイン会社に転職。
営業職、通信販売部でワインの販売運営し退社。
現在ワインと料理のブログ運営、SNS運用代行をメインに活動。
「日本社団法人ソムリエ協会 ソムリエ」取得。

このブログは、今よりもっと楽しく豊かな食卓をおくるために、ソムリエが誰でもできる再現性のある内容で、ワインのおすすめや情報をお届けしています。

コメント

コメントする

目次
閉じる