ワインの無料相談・診断ができる公式LINEができました

【プレミアムワイン】グラニットベルトのシロメィワイン3種を徹底レビュー

めしわいん

今回はまだ日本に入ってきていないクラウドファンディングで紹介されているプレミアムワインのレビューですよ!

たろう

珍しいワイン??気になるね。

この記事の概要
  • シロメィワインとは
  • シロメィワインのレビュー
  • シロメィワインの口コミ
  • シロメィワインと合う料理
  • シロメィワインが買えるところ

「シロメィワイン」はオーストラリアのクイーンズランド州「グラニットベルト」で造られているワインで「オーストラリア最後の銘醸地」とも言われています。

僕も初めて飲んでみて、びっくりするほど美味しかったので少し興奮気味ではありますが(笑)

丁寧に紹介とワインのレビューをいたします。

なにせ良いワインでも、購入できるのが「VELTRA Zenes」でのクラウドファンディングからのみなので超貴重なワインです。

VELTRA Zenes

どこよりも詳しく限定ワインを紹介するので是非ご覧ください。

一切の小売りなし!
\オーストラリアのプレミアムワイン/

こちらの記事は「シロメィワイン」さまよりご提供いただいて作成しています

目次

グラニットベルトのシロメィワインとは

グラニットベルト シロメィワイン
たろう

なかなか聞いたことがない生産地域だね。

めしわいん

実際僕も初めて聞きました(笑)

ワインに詳しくてもなかなか知らない地域やワイナリーかと思うので、紹介ページを元に下記にまとめますね。

グラニットベルトとは

グラニットベルトという、オーストラリア大陸の北東部、クイーンズランド州の内陸にある高地冷涼地域でブドウづくりを行っています。亜熱帯気候の州のため「温暖なクイーンズランドで美味しいワイン作りなどできるのか?」と言われることもありましたが、実はこのグラニットベルトには良いブドウづくりに最適な条件が揃っており、凝縮度の高いブドウが採れるワインづくりには恵まれた土地なのです。

引用 : ベルトラ Zenes

場所はこちら

シロメィワインとは

シロメィワインの創業者は「テリー・モリス会長」さんです。

モリス会長はワインの産地で有名な南オーストラリアの出身で、50年前にクイーンズランドに移住し土地開発事業で成功していたのですが、ある時にこのグラニットベルトの気候条件がワイン作りに適していると直感。地元南オーストラリアの友人たちには「あんな暖かいところで?」と笑われたそうですが、この土地のテロワールを信じて勝負したいとの熱い想いを抱き、2000年に自身のワイナリーを始めました。

引用 : ベルトラ Zenes

また、シロメィワインの醸造家は「マイク・ベイズ」さんです。

マイクは幼い頃からワイン畑に囲まれて育ち、14か国のワイン生産国で修行し、2017年の全豪ベストワインメーカーに選ばれた名醸造家。飽くなき探求心がゆえにProfessor(教授)という称号を持ち、名人と呼ばれる域に達した現在でも、3500冊のワイン雑誌に囲まれてワインづくりを学び続けています。

マイクのワイン作りの核は、全て畑にあります。

・植物本来が持つ生命力に重点を置き、自然の摂理に則ってブドウを育て、人間の手は最小限に抑える

・美味しいワインを作るために必要なことは、良質なブドウを育てること以外には無い

・醸造家の仕事は、ブドウを在るべき方向でワインというかたちにするだけ

引用 : ベルトラ Zenes

ワインを勉強してきたひとにとっても、こちらの生産地域やワイナリーに関してはあまり知られていないかもしれません。

かくいう僕もでしたが「 ベルトラ Zenes 」で紹介されている内容をや上記の動画をご覧いただくと、

こちらを紹介されている「佐藤泰士」さんのワインに対する情熱も伝わってきまし、本当にこだわりの深い1本1本ということが良くわかりました。

一切の小売りなし!
\オーストラリアのプレミアムワイン/

実際に飲んでみた!グラニットベルトのシロメィワインのレビュー

グラニットベルト シロメィワイン
たろう

どんなワインなのか気になるね!

めしわいん

基本的に一般消費者向けの小売り等はしていないようなので、詳しく僕の方で説明しますね。

僕が飲んだシロメィワイン
  • ヴィンヤード・セレクション・ピノ・グリージョ
    当ブログ評価:(4.5)
  • シグニチャー・コレクション・スパークリング・レッド
    当ブログ評価:(4)
  • シグニチャー・コレクション・シラーズ・ヴィオニエ
    当ブログ評価:(4)

白、赤、あとはちょっと珍しいスパークリングワインの赤と多種にわたって飲んでみました。

順番にレビューしますね。

ヴィンヤード・セレクション・ピノ・グリージョ

ヴィンヤード・セレクション・ピノ・グリージョ

参考価格:クラウドファンディング要確認(2021年11月時点)
当ブログ評価:(4.5)

ワイン名ヴィンヤード・セレクション・ピノ・グリージョ
タイプ白ワイン
生産国オーストラリア
品種ピノ・グリージョ
ヴィンヤード・セレクション・ピノ・グリージョ
味のタイプ
甘い
辛い
酸味
低い
高い
果実味
低い
高い

Pinot Grigioはフランスのアルザスや、イタリアのフリウリなどが代表的な産地で知られる品種です。
醸造は低温で迅速に行う事で、ブドウ本来が持つフルーティーさとフレッシュさを瓶に詰め込んだ一品となっています。
熟成には向かないため、冷やした状態で早めに飲んでもらうのがお勧めです。
ペアリングの食材は豚肉、鶏肉、白身魚のグリルなどがお勧めです。

こんな方におすすめ
こんな方は要検討
  • フレッシュで爽快に飲みたいひと
  • 食事と合わせやすいワインがほしいひと
  • いつもと違った品種をさがしているひと
  • 王道の白ワインスタイルの味を望んでいるひと
  • 濃いめの白ワインが飲みたいひと

ヴィンヤード・セレクション・ピノ・グリージョの表ラベル

ヴィンヤード・セレクション・ピノ・グリージョ
ヴィンヤード・セレクション・ピノ・グリージョ

表ラベルはシンプルにワイナリー、ヴィンテージ、品種、生産地域などの記載があります。
ブドウの葉っぱのようにあしらったデザインも非常に上品なものとなっています。

ヴィンヤード・セレクション・ピノ・グリージョのバックラベル

ヴィンヤード・セレクション・ピノ・グリージョ

バックラベルはほとんど英語表記で、横文字に抵抗がある方には目を瞑りたくなるレベル(笑)
ですが、味わいの甘い辛いなどわかりやすい表記になっているので、開けないでも味の想像がつきやすい分、このあたりは大変ありがたいポイント。

ヴィンヤード・セレクション・ピノ・グリージョのワインのキャップ部分

ヴィンヤード・セレクション・ピノ・グリージョ

キャップは開けやすいスクリューキャップタイプです。
また飲み終わらなくても、再度閉めて保存もできるのでお酒に強くない方も安心です。

ヴィンヤード・セレクション・ピノ・グリージョのワインの色

ヴィンヤード・セレクション・ピノ・グリージョ
ヴィンヤード・セレクション・ピノ・グリージョ

白ワインというよりも、オレンジワインのような濃い色味をしています。
香りの立ちも非常によく、フレッシュでほのかな柑橘系も感じられる、飲む前から期待が膨らむワインです。

ヴィンヤード・セレクション・ピノ・グリージョの良い口コミ

評価:(3.5)

Nice light PG with an interesting colour (nearly rose gold) Light acid with a good fruit punch. Very enjoyable first up for father’s day lunch. Cheers to all the father’s out there🥂

面白い色の素敵な軽いPG(ほぼローズゴールド)良いフルーツパンチのある軽い酸。 父の日のランチはとても楽しいです。 そこにいるすべての父親に乾杯🥂

ヴィンヤード・セレクション・ピノ・グリージョの良い口コミ

評価:(4)

One of the best Granite Belt wines I have tasted nice and dry so unusual with the rose hue!

私が味わった最高のグラニットベルトワインの1つは、バラの色合いでとても珍しくてドライです!

筆者の感想

当ブログ評価:(4.5)

フレッシュさもありますが、この品種に慣れていない場合最初の飲み口が普段の飲み慣れたワインとの違いに驚くかもしれません。

慣れてくると飲みやすいはずです!

またアルコール感も感じられるので、比較的味の濃い食事とも合わせやすいですよ。

ヴィンヤード・セレクション・ピノ・グリージョと比較しやすいワイン

当ブログでも料理コーナーで紹介している「 イ・カステッリ ピノ・グリージョ 」は、同じブドウ品種で価格もリーズナブルなので、味の違いを比べるのにおすすめです。

イ・カステッリ ピノ・グリージョ スペック
ワイン名イ・カステッリ ピノ・グリージョ
白ワイン
産地イタリア
ブドウ品種ピノ・グリージョ
味のタイプ
甘い
辛い
酸味
低い
高い
果実味
低い
高い

グリーンのきらめきのある淡い麦わら色。
青リンゴのさわやかなアロマに、香ばしいパンの香りがほのかに漂います。
フレッシュ&フルーティーで、野の花や新鮮なフルーツ、ミネラルの風味があり、バランスが良く香り高い余韻が長く続きます。
軽やかで親しみやすい味わいの辛口白ワインです。

シグニチャー・コレクション・スパークリング・レッド

シグニチャー・コレクション・スパークリング・レッド

参考価格:クラウドファンディング要確認(2021年11月時点)
当ブログ評価:(4)

ワイン名シグニチャー・コレクション・スパークリング・レッド
タイプスパークリングワイン 赤
生産国オーストラリア
品種プティ・ヴェルド
シグニチャー・コレクション・スパークリング・レッド
味のタイプ
甘い
辛い
酸味
低い
高い
果実味
低い
高い

ボルドー地方の補助品種で知られるプティ・ヴェルド種100%で作った赤スパークリングワインです。
丁寧に36カ月以上もの間瓶内二次発酵を行う事で生み出された泡はシルクの様に柔らかく滑らかさが特徴。
冷やした状態で真夏の屋外でのバーベキューなどで活躍する優れもの。
またその華やかなイメージからクリスマスなどの特別な場面でもその場に溶け込むフレキシブルさを持ちます。

こんな方におすすめ
こんな方は要検討
  • 珍しいワインが飲みたいひと
  • 乾杯用でワインをさがしているひと
  • お祝いごとでワインを使いたいひと
  • フレッシュで軽めなスパークリングワインが好みのひと

シグニチャー・コレクション・スパークリング・レッドの表ラベル

シグニチャー・スパークリング・レッド
シグニチャー・スパークリング・レッド

表ラベルはシンプルにワイナリー、ヴィンテージ、品種、生産地域などの記載があります。
ラベルの文字からキャップシールまでかっこよく赤で統一されています。

シグニチャー・コレクション・スパークリング・レッドのバックラベル

シグニチャー・スパークリング・レッド

バックラベルはほとんど英語表記ですが、他のワイン同様にワインの詳細や味わいのタイプの記載があるので、英語ですがある程度理解できる範囲かと思います。

シグニチャー・コレクション・スパークリング・レッドのワインのキャップ部分

シグニチャー・スパークリング・レッド
シグニチャー・スパークリング・レッド

通常のスパークリングワイン用のキャップです。

シグニチャー・コレクション・スパークリング・レッドのワインの色

シグニチャー・スパークリング・レッド
シグニチャー・スパークリング・レッド

赤というより黒味がかった色味です。
微発泡のため、泡はキメ細かく比較的落ち着いた印象をもつワイン。
味わいは中辛口で甘さはそこまでありません。

シグニチャー・コレクション・スパークリング・レッドの良い口コミ

評価:(3)

🇦🇺のクイーンズランド州Granite Beltはブリスベンから南に250km程。隆起してできた1000mの丘にある畑のPetit Verdot 100%、濃い赤紫色を帯びたルビー色、柔らかに溶け込んだ泡、Alc14%程度。ブラックチェリー、プラム、プルーン、バルサミコ、黒胡椒、ダークチョコレートの風味。ほんのりと甘くて濃厚だぁ!

シグニチャー・コレクション・スパークリング・レッドの良い口コミ

評価:(3.5)

2019.9.12 さっぽろオータムフェスト ELEZO Glamping with 白糠酪恵社のブースにて 評価3.6 赤の微発泡ワインにしては甘さ控えめで、後味もしっかりしており嫌味もなく、上品なワイン。

筆者の感想

当ブログ評価:(4)

この手のタイプは甘口が多いのですが、甘さは控えめで中辛口程度の印象でした。

品種からくる渋みも感じられるので、かなり玄人好みの面白いワインです。

シグニチャー・コレクション・スパークリング・レッドと比較しやすいワイン

当ブログで紹介したイタリアの「ゾーニン・プロセッコ DOC スペシャル・キュヴェ・ミレジマート」は、

さっぱり目の爽快なワインなので、赤のスパークリングワインと対照的な味の部分は比べてみると面白いですよ。

ゾーニン プロセッコ DOC スペシャル・キュヴェ ミレジマート
味のタイプ
甘い
辛い
酸味
低い
高い
果実味
低い
高い
ワイン名ゾーニン・プロセッコ DOC スペシャル・キュヴェ・ミレジマート
白ワイン
産地イタリア
ブドウ品種グレーラ

リンゴや白い花などフルーティーで豊かなアロマ。
とてもデリケートで細やかな泡立ち。
アーモンドなどナッツ系の香ばしい香りとリンゴなど爽やかな味わいで、酸味のバランスがとても良い。

シグニチャー・コレクション・シラーズ・ヴィオニエ

シグニチャー・コレクション・シラーズ・ヴィオニエ

参考価格:クラウドファンディング要確認(2021年11月時点)
当ブログ評価:(4)

ワイン名シグニチャー・コレクション・シラーズ・ヴィオニエ
タイプ赤ワイン
生産国オーストラリア
品種シラーズ、ヴィオニエ
シグニチャー・コレクション・シラーズ・ヴィオニエ
味のタイプ
甘い
辛い
酸味
低い
高い
果実味
低い
高い
渋み

コート・ロティの規制は20%までヴィオニエをブレンドできますが、Mike Hayesのものは香を加える程度という背景から5%のみ。
全体的に極めてエレガントな印象を与える赤ワインに仕上がっています。

こんな方におすすめ
こんな方は要検討
  • 珍しい赤ワインが飲みたいひと
  • フルボディの赤ワインが好きなひと
  • 肉料理で食卓を整えるとき
  • 軽めの赤ワインが好みのひと
  • 渋みや酸味が苦手なひと

シグニチャー・コレクション・シラーズ・ヴィオニエの表ラベル

シグニチャー・コレクション・シラーズ・ヴィオニエ
シグニチャー・コレクション・シラーズ・ヴィオニエ

表ラベルはシンプルにワイナリー、ヴィンテージ、品種、生産地域などの記載があります。
ボトルもラベルも黒で大変クールな印象です。
手にとるとよりわかりますが、こちらのボトル結構重みがあるんです。(高級ワイン並みの重さ)

シグニチャー・コレクション・シラーズ・ヴィオニエのバックラベル

シグニチャー・コレクション・シラーズ・ヴィオニエ

こちらもバックラベルはほとんど英語表記(笑)
甘辛表記などワインの詳細はしっかり書いています。

シグニチャー・コレクション・シラーズ・ヴィオニエのワインのキャップ部分

シグニチャー・コレクション・シラーズ・ヴィオニエ

キャップは開けやすいスクリューキャップタイプです。
また飲み終わらなくても、再度閉めて保存もできるのでお酒に強くない方も安心です。

シグニチャー・コレクション・シラーズ・ヴィオニエのワインの色

シグニチャー・コレクション・シラーズ・ヴィオニエ

かなり濃い赤というより黒味がかった色味で、とっても重厚感のある見た目となっています。
香りは比較的落ち着いていましたが、飲んでいくうちに元気になります。
また、飲み口もどこかフランスのローヌ地方のワインのような、複雑感や上品さを感じました。

シグニチャー・コレクション・シラーズ・ヴィオニエの良い口コミ

評判:(4)

リッチで奥行きのある香り。 酸味、渋み、重み、バランスのとれた味わい。 良いシラー。価格からするともう少し期待値が高いが。

シグニチャー・コレクション・シラーズ・ヴィオニエの悪い口コミ

評判:(2)

Chemical bouquet. Lacks maturity. Would not drink it again.

ケミカルブーケ。 成熟度が不足しています。 二度と飲まないだろう。

筆者の感想

当ブログ評価:(4)

フルボディですが、酸味が控えめで比較的飲みやすいです!

シラーズは大味で好みがわかれそうですが、ヴィオニエが入っているからか凄く上品でかなり高品質のローヌのワインを彷彿とさせます。

結構この手のタイプ好きなひと多そうです(笑)

シグニチャー・コレクション・シラーズ・ヴィオニエと比較しやすいワイン

当ブログで紹介している「ポール・ジャブレ・エネ コート・デュ・ローヌ パラレル45 ビオ ルージュ」は、

ローヌ地方のワインで品種からしても非常に比べやすいのでおすすめです。

ポール・ジャブレ・エネ
味のタイプ
甘い
辛い
酸味
低い
高い
果実味
低い
高い
渋み
ワイン名ポール・ジャブレ・エネ コート・デュ・ローヌ パラレル45 ビオ ルージュ
赤ワイン
産地フランス
ブドウ品種グルナッシュ、シラー、ムールヴェドル、カリニャン、サンソー、他

このキュヴェはポール・ジャブレ・エネの有機栽培とローヌ地方の自然環境へ対する公約を象徴しています。
手作業による有機栽培によって素晴らしいハーモニーと純粋な果実の味わいを持った、生き生きとしたワイン。

一切の小売りなし!
\オーストラリアのプレミアムワイン/

シロメィワインと合う料理

シロメィワイン レビュー
たろう

ワインに合わせるのに簡単にできるおつまみや料理はある?

こちらのワインに合わせるのにいくつか作ってみました。

めしわいん

どれも5分くらいで簡単に作れますよ!

僕のインスタグラムではワインに合う料理をほぼ毎日紹介しています

また、ワインに合う簡単なおつまみのレパートリーを増やしたい方やはこちらの記事もご覧ください。

グラニットベルトのシロメィワインが買えるところ

VELTRA Zenes

現状、シロメィワインは小売等は一切行っていないので「VELTRA Zenes」の公式のクラウドファンディングからの購入になります。

こちらのプロジェクトは2021年12月23日(木)までとなっています

めしわいん

僕が飲んだ3本以外にも色々な銘柄があるので、気になるワインの中でリターンを選んだほうがおすすめです。

一切の小売りなし!
\オーストラリアのプレミアムワイン/

【まとめ】グラニットベルトのシロメィワインのレビュー

シロメィワイン レビュー

本記事は「グラニットベルト・シロメィワイン」のレビューを紹介しました。

僕の場合オーストラリアワインといえば、イオンのような大型スーパーでもよく買える「ジェイコブス・クリーク」や「ペンフォールズ」のワインを好んで飲みますが、

忖度なしで「シロメィワイン」は、これまで飲んできたオーストラリアワインの中でトップ3に入るくらいどれも美味しいものでした。

いつでもどこでも買えないのがちょっと残念ですが、

今回の応援プロジェクトも大変素晴らしいリターンワインが楽しめるので、レビューをご覧になって気になった方は是非応援してください。

一切の小売りなし!
\オーストラリアのプレミアムワイン/

以上でございます。

「MESHI WINE – めしわいん (@meshi_wine)」からご覧いただきありがとうございました。

関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いたひと

飲食業で5年勤務し、その後外資系ワイン会社に転職。
営業職、通信販売部でワインの販売運営し退社。
現在ワインと料理のブログ運営、SNS運用代行をメインに活動。
「日本社団法人ソムリエ協会 ソムリエ」取得。

このブログは、今よりもっと楽しく豊かな食卓をおくるために、ソムリエが誰でもできる再現性のある内容で、ワインのおすすめや情報をお届けしています。

コメント

コメントする

目次
閉じる