ワインの無料相談・診断ができる公式LINEができました

無料で使えるワインエキスパート勉強アプリ【ソムリエ試験もOK】

たろう

ソムリエ試験勉強を自分の隙間時間を利用して、試験に備えられるアプリなどあったら知りたい!

このような悩みを抱えているひとが、解決できる内容となっています。

この記事の概要
  • 資格試験に最も役立つアプリやウェブサイトの紹介
  • アプリを利用する3つのメリットデメリット
  • アプリを活かした合格に必要な勉強法
  • ワイン資格試験の難易度が把握

ご存知かもしれませんが、ワインエキスパートやソムリエの資格で最大の関門が初めの筆記試験にあります。

ですが時間には限りがあります。

そこでスマホ用アプリは、試験を受ける多くの方の勉強の効率を上げてくれる、合格に向けて大変重宝する学習ツールです。

スクロールできます
アプリ名タイプ価格おすすめ度
ソムリエ呼称資格認定試験の第一次対策アプリ通常ダウンロード型無料★★★★
アカデミー・デュ・ヴァンワインスクール、セミナー連動型無料(条件あり)★★★
ワイン受験.comサイト型無料★★★★★
※アプリ名をタップで詳細にジャンプできます

費用のかからない無料のいつでも利用できるおすすめアプリご紹介いたしますので、ワインエキスパート、ソムリエを目指している方は是非ご覧ください。

目次

おすすめワイン資格試験アプリ【ウェブサイトも合わせて紹介】

たろう

さっそくおすすめのアプリを使いたい!

めしわいん

僕はこれから紹介する3つのアプリを使って合格できました。
全部は必要ないので、自分が使いやすそうなアプリをダウンロードしてください。

スクロールできます
アプリ名タイプ価格おすすめ度
ソムリエ呼称資格認定試験の第一次対策アプリ通常ダウンロード型無料★★★★
アカデミー・デュ・ヴァンワインスクール、セミナー連動型無料(条件あり)★★★
ワイン受験.comサイト型無料★★★★★
※アプリ名をタップで詳細にジャンプできます

色々なアプリがあるのでこれから勉強を始めるひとでも迷わないように、タイプを分けて紹介いたします。

アプリのタイプは全部で3つ
  • 誰でもできる通常ダウンロード型
  • ワインスクール・セミナー連動型
  • サイト型

ソムリエ呼称資格認定試験の第一次対策アプリ【通常ダウンロード型】

まさに試験対策用にはぴったりなアプリです。

アプリにはソムリエと書いていますが、ワインエキスパートの試験も基本的な問題の出題傾向は一緒なので、ワインの資格試験を受けるひと全員がこちらを利用できます。

他のアプリと是非比較しながら使ってみてください。

ソムリエ呼称資格認定試験の第一次対策アプリ
ソムリエ呼称資格認定試験の第一次対策アプリ
開発元:Mari Suda
無料
posted withアプリーチ

アカデミー・デュ・ヴァン【ワインスクール、セミナー連動型】

日本で最大のワインスクール「アカデミー・デュ・ヴァン」も、試験用の対策アプリをリリースしています。

利用する際は、スクールの会員さま限定なので注意が必要ですが、クールで学んだことを隙間時間にアプリで復習することで、勉強のスピードを格段に早めることができます。

アカデミー・デュ・ヴァン[ACADEMIE DU VIN]
アカデミー・デュ・ヴァン[ACADEMIE DU VIN]
開発元:ACADEMIE DU VIN Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

また、こちらのスクールはワイン初心者のために無料体験セミナーも実施しているので、アプリやスクールのセミナーも合わせて検討しているひとは、下記をご覧ください。

補足

なるべく確実に1発合格を目指したいひとは、ワインスクールのセミナーに通うことも検討されていると思います。

デメリットととして多少の費用はかかりますが、しっかりとした講師に教わることで自信をもって試験に臨むことができるので、メリットもたくさんあります。

どこのスクールに通ってどんなセミナーを受けていいかわからないひとは下記の記事で比較をすれば、高確率で自分にあった授業を受けることができます。

ワイン受験.com【サイト型】

ワインエキスパートやソムリエの試験は昔からある中で、まだスマホアプリが盛んでないとき、ウェブ上で優秀な勉強サイトがこちらの「ワイン受験.com」です。

もちろん現在も利用できるので、こちらも大いに活用してください。

僕も初めのころは、暇さえあれば何回も覗いて復習をしていました。

下手な分厚い本を持ち運んで勉強するようであれば、こちらのサイトでも中身の濃い学習ができるので大変おすすめです。

こちらから「ワイン受験.com」の詳細はご覧ください。

【ポイントは3つ】ワイン勉強アプリのメリット、デメリット

たろう

アプリを試す前にメリット、デメリットを詳しく知っておきたいな!

もちろん、絶対使わないといけないわけではありませんが、アプリを利用することによって得られるメリットもたくさんあります。

アプリを使うメリット
アプリを使うデメリット
  1. 無料で使えるものが多く、導入のリスクは低い!
  2. 隙間時間をスマホを使ってワインの勉強にあてられる!
  3. 試験の過去問題に特化したアプリが多い!(重要)
  1. スマホは色々な通知が目に入るため、誘惑で勉強がおろそかになる
  2. アプリに頼りすぎて勉強をした気になってしまう

もう少し具体的におすすめの理由を解説いたします。

【メリット】無料で使えるアプリが多い!

めしわいん

まずは無料でどんどん試すことができるので、安心して始められます!

初めから有料のアプリよりも、無料で使える方が皆さんも利用しやすいですよね。

もちろん最近のアプリでよくある、ある程度の段階までが無料で、それ以上のサービスを求めると有料になるサブスクタイプのワインアプリもあります。

まずは無料で使ってみて、物足りなければアップグレードしてもOKですし、「自分に合っていない!」「必要ない!」と思った段階で削除しても問題ありません。

始めはお試し感覚で採用して、自分にとって有効だと思ったら継続する。

いずれにしても、損はありません。

【メリット】隙間時間を勉強にあてられる

めしわいん

仕事で忙しいひとこそアプリを利用したほうが効率的に学ぶことができます!

アプリは隙間時間を勉強で埋めるには最適なツールです。

通勤、出先、休憩中やその他自分の中で手が空く時間に学習が進められると、覚えるスピードも圧倒的に早くなります。

「隙間時間を制すものは資格を制す」です(笑)

ワインエキスパートやソムリエ試験の落ちる理由は決まって「勉強不足」の一点です。

普段の鍛錬で知識に自信をつけるためにも、アプリは効果的に利用してみてください。

【メリット】試験の過去問題に特化しているものが多い

めしわいん

過去問題を解きまくる!
これで僕は合格できたといっても過言ではありません!

学生の受験勉強と一緒ですが、試験の過去問題をたくさんこなして傾向をつかむことは、合格への1番近道です。

ソムリエやワインエキスパートの試験は問題は、記述式ではなく基本マーク式で出題されらます。

スマホで問題に慣れておけば、いざ試験の時も問題の文脈などスムーズに理解できるようになるので、日ごろから訓練しておくことが大切です。

しかも、前年の試験だけでなく、過去数年にわたって実際の試験問題を振り返ることができる点も、アプリのいいところです。

無料であれば使わない手はないので、どんどん使っていきましょう。

【デメリット】誘惑で勉強がおろそかになる

たろう

気をつけないとまずい。。。

スマホは便利な故、色々な通知で誘惑が絶えず流れてきます。

ゲームの進捗、友達からのメール、SNSなど普段何気なく使っているものが意外と勉強の邪魔をしてしまいます。

本だとそういうことはないのですが、無駄な時間を過ごさないためにも勉強期間中はほどほどにセーブしておきましょう。

【デメリット】アプリに頼りすぎてしまう(落とし穴)

たろう

なんとなくやった気になってしまうのも良くないということだね?

便利な点はいいのですが、慣れてくるとどうしても「やった気」になってしまい、その他の勉強がおろそかになってしまいがちです。

これで落ちてしまうひとも多いので、アプリは臨機応変に利用して集中する時間はそれ以外の書籍やスクールなどで進めていきましょう!

ワイン勉強アプリを活かした勉強方法【ハイブリッドが合格への近道です】

たろう

せっかくだからアプリも合わせて勉強方法も知りたい!

めしわいん

アプリだけやるのではなく、スクールや書籍との掛け算でハイブリッドに能率よく勉強をすすめていきましょう。

今では贅沢にもワインを学ぶ方法はたくさんありますが、アプリやサイトを使って1発で合格をするためのおすすめ勉強法は3つです。

3つのハイブリッド勉強法
  1. 試験用ワイン本 × アプリ
  2. ワインスクールのセミナー × アプリ
  3. ワイン関係の仕事 × アプリ

①試験用ワイン本 × アプリ

1番勉強に予算もかからず、自分のペースで勉強できる方法が「試験用ワイン本×アプリ」の活用法です。

ソムリエやワインエキスパートの試験参考書は、ページ数も多く覚えなければならないこともたくさんあります。

えすが、カラーで見やすく、毎年最新の情報を更新し、出版されているので、是非1冊は手元においていただきたいと思います。

少し厚みのある本が多いので、自宅で勉強する際には本を利用して、移動中や休憩中の隙間時間ではアプリを使って復習していく方法が、最も効率的で無駄のない勉強法です。

是非実践していただきたいのですが、どんな本を選んでいいかわからないひとは、下記の記事で実際に合格した僕が利用した本を紹介しているので、参考にしてください。

②ワインスクールのセミナー × アプリ

プロの講師に教わりながら、試験に必要な部分を重点的に勉強していくことはとても大切です。

一次試験の難しさはにとらわれ過ぎて、通過した際の二次、三次試験の対策を怠ってしまっては、まったく意味がないので、総合的に勉強の厚みを増していきたいひとは、間違いなくスクールやセミナーの利用はおすすめです。

上記でも書いたとおり、スクール専用のワインアプリもあるくらいなので、上手に活用していただきたいと思います。

ここでもくどいようですが、隙間時間の使い方が重要で、スクールやセミナーの現場だけの勉強では到底合格はできません。

プロから学んだ正しい情報をすぐにインプット、アウトプットできるのもアプリの素晴らしいところです。

これをうまく回すことで、合格へどんどん近づくことができるので、是非利用していきましょう。

ワイン関係の仕事 × アプリ

「習うより慣れろ!」ということで、ワインの関係の仕事に就いてワインと触れる時間を積極的に増やしていく方法も大いにありです。

仕事でワインにまつわる単語や作業などをこなしていると、自然と頭と身体に知識や経験が叩き込まれているものです。

さらにテイスティングの試験のときも、ワイン関係の仕事に就くことで、飲む機会も増えるかもしれないので、少しアドバンテージを作ることもできます。。

プラスαで試験の過去問題のアプリを利用するだけでも、上達スピードは各段に上がります。

ワイン関係の仕事に興味があるひとは、実際の経験を踏まえて書いた下記の記事も参考にしてください。

【まとめ】無料なので試験を受けるひとは必ずインストールしておきましょう

本記事は「無料で使えるワイン勉強用のアプリ」を紹介しました。

最後に、気になる試験の合格率や難易度について少し触れておきます。

直近の合格率

呼称/年2017201820192020
ワインエキスパート33.1%32.8%44.2%37.9%
ソムリエ23.5%26.5%29.8%47.3%
引用 : https://www.sommelier.jp/exam/pdf/qualifiedholders.pdf

ソムリエ試験は非常に難易度が高く、合格率が多少低い傾向がありますが、ワインエキスパートに関しては非常にポジティブな結果がでているのがよくわかりますよね。

もう少し詳しく知りたいひとは下記の記事をご覧ください。

繰り返しになりますが、ワインの知識は一夜で全部理解することはできません。

ですが無料のアプリを利用することで、勉強の質を何倍にも上げることができるので、まずはどのアプリでもいいので、ご紹介したアプリから試してみてください。

そのうえで、勉強方法も参考にしていただければ、かなり合格に近づくので頑張っていきましょう。

スクロールできます
アプリ名タイプ価格おすすめ度
ソムリエ呼称資格認定試験の第一次対策アプリ通常ダウンロード型無料★★★★
アカデミー・デュ・ヴァンワインスクール、セミナー連動型無料(条件あり)★★★
ワイン受験.comサイト型無料★★★★★
※アプリ名をタップで詳細にジャンプできます

またいちから合格できる勉強の手順を知りたいひとは、
当ブログにある「ワインソムリエ資格を取得する勉強手順を解説【応募~合格まで】」を一読いただければすべてがわかります。

合わせて是非参考にしてください。

以上でございます。

「MESHI WINE – めしわいん (@meshi_wine)」からご覧いただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いたひと

飲食業で5年勤務し、その後外資系ワイン会社に転職。
営業職、通信販売部でワインの販売運営し退社。
現在ワインと料理のブログ運営、SNS運用代行をメインに活動。
「日本社団法人ソムリエ協会 ソムリエ」取得。

このブログは、今よりもっと楽しく豊かな食卓をおくるために、ソムリエが誰でもできる再現性のある内容で、ワインのおすすめや情報をお届けしています。

コメント

コメントする

目次
閉じる