ワインの無料相談・診断ができる公式LINEができました

【比較検証済み】シャトー・カロン・セギュールの当たり年の買う方法

カロン・セギュール
たろう

ハートのラベルの「カロン・セギュール」をせっかく買うなら当たり年の良いものを買いたい!

このような悩みを抱えているひとが、解決できる内容となっています。

この記事の概要
  • カロン・セギュールとは?
  • カロン・セギュールの当たり年をお伝えします
  • カロン・セギュールの当たり年の簡単なさがし方
  • 少しでも安く手に入れたいひとは?

「カロン・セギュール」を検討しているひとは、自分用の方よりも誰かにプレゼントする方が多いと思います。

ハートのラベルで見た目はどれを買っても変わらないからこそ、ちょっとのお気遣いで当たり年を用意をすれば、もらった側の嬉しさや期待値は何倍も膨れ上がります!

そして、当たり年を選んだからといって大きくお値段が変わることでもありません。(ものによりますが、、、)

こちらでわかりやすく解説するので、是非良いワインを手にしてください。

ヴィンテージの評価は「ファインズ」さま、ポイントは「ワインアドヴォケイト」を参考にしています。

下記表のヴィンテージをタップするとワインの詳細へジャンプできます

スクロールできます
順位(当ブログ評価)ヴィンテージ評価(ファインズ)ポイント(ワインアドヴォケイト)Amazon 参考価格楽天市場 参考価格おすすめ度
No.1200999 Point17,706円~18,857円~★★★★★
No.2201098 Point21,780円~★★★★★
No.3201697 Point12,300円~15,000円~★★★★★
No.4201594 Point18,000円~14,300円~★★★★
No.5201493 Point16,900円~15,400円~★★★
No.62012●●●92 Point13,800円~13,800円~★★★
※ヴィンテージをタップするとワインの詳細へジャンプできます

価格とヴィンテージやポテンシャルを踏まえ、当ブログでのイチオシは下記をおすすめします。

カロン・セギュール 2009

Amazon 参考価格:17,706円(2021年6月時点)
楽天市場 参考価格:18,857円(2021年6月時点)

カロン・セギュール

初めて買おうと検討しているひとが見てもわかりやすいように、比較材料も入れて解説しているので、是非購入前に1度目をとおしてください。

めしわいん

そもそも当たり年ってなに?と思ったら「当たり年」の記事をご覧いただくか、下記で相談してもOKですよ!

\もしわからなかったら/
無料でワインの相談ができる

LINE 案内
目次

カロン・セギュールとは?【不要な方は読み飛ばしてください】

たろう

実はハートだけは知っているけど、他なにも知らない(笑)

まずはカロン・セギュールについて、シャトーの情報とハートに関して簡単に解説しますね。

ワインラベルに堂々と描かれたハートのモチーフは常に注目の的です。「わたしはラトゥールでもラフィットでもワインをつくるけれど、わたしの心はカロンにあり」… セギュール侯爵のこの言葉は時を越えて伝えられ、18世紀以降、侯爵の功績に敬意を表し、カロンの象徴として用いられています。セギュール侯爵は当時、メドックの主要ワイナリーの数々を領有し、「ぶどう畑のプリンス」との異名をとり、ボルドーで最も影響力のある人物として知られました。カロンのワインはヴェルサイユの寵愛を受け、瞬く間にヨーロッパ各国の宮廷においても人気を博します。

19世紀には育成・熟成庫のファサードにハートが彫られました。そこには「Premier cru de Saint-Estèphe(サンテステフのプルミエクリュ)」の文字も飾られ、同村で最古のドメーヌであることが誇示されます。そもそもサンテステフ村は長年「サンテステフ・ド・カロン村」と呼ばれており、村の歴史はシャトーとともにあることを物語っています。

たとえハートが1000個並んでいたとしても、カロンのハートはひと目で見分けがつくでしょう。横長のシルエットに平らな曲部… これはワインラベルが初めて作成された20世紀初頭から受け継がれてきたデザインです。

出典:カロン・セギュールホームページより

実際のワインがこちらになります。

ファーストラベルが「カロン・セギュール」という銘柄なりますが、こちらのシャトーではセカンド、サードのタイプまでリリースされています。

セカンドラベル

サードラベル

どのように違うのか?

下記のスペック表でわかりやすくしているので、比較してください。

スクロールできます
ワイン名カロン・セギュールル・マルキ・ド・カロン・セギュールサンテステフ・ド・カロン・セギュール
参考画像カロン・セギュールマルキドカロンサンテステフ セギュール
タイプ赤ワイン赤ワイン赤ワイン
ヴィンテージ201820142017
ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルド、メルローメルロー、カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニヨンメルロー、カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニヨン
特徴濃密な果実味が特徴的。タンニンはきめ細やかで心地よい舌触りを造り上げ、熟したダークチェリーやプラムなどの風味が優しく鼻腔をくすぐります。華やかで気品ある香り、なめらかで豊かな果実味、タンニンが織りなすハーモニーはまさに逸品です。強い凝縮感がありながらも、シルキーなタンニンが全体を円やかに。サードラベルながら余韻まで長く楽しめる。
参考価格21,380円~(Amazon調べ)5,610円~(Amazon調べ)4,280円~(Amazon調べ)

さらに詳しく知りたい方は「カロン・セギュール」のオフィシャルホームページもご覧ください。

1番簡単な当たり年のさがし方

検索
たろう

簡単に当たり年を見る方法はあるの?

冒頭で少し紹介しましたが「当たり年」のワインは、ワインのヴィンテージチャートを利用するのが1番簡単な方法です。

おすすめヴィンテージチャート

当ブログもこのヴィンテージチャートを照らし合わせて、なるべく良いものを選出しています。

ポイント別になっていたり、わかりやすい記号で表していたりと、ワインに詳しくなくてもそれなりに理解できる表があるので、わからない場合はこちらから確認するのがおすすめです。

STEP
有名な会社のワインヴィンテージチャートを確認する

誰でもできる1番簡単な方法です!

当ブログでもわかりやすく表にしているので、是非参考にしてください。

STEP
「カロン・セギュール」のオフィシャルページから正しいワインの情報を得る

オフィシャルホームページや、国内のワイン商社でニューヴィンテージも確認してみる

STEP
市場の価格をできるだけ調べる

「Amazon」や「楽天市場」でたくさん出品されてるので、合わせて価格の比較もしておく

具体的に解説いたします。

STEP1:有名な会社のワインヴィンテージチャートを確認する

「当たり年」を検証するのにとっても役に立つのが、無料で公開されているワインアドヴォケイト」と「ファインズ」さんのヴィンテージチャートです。

主要のワイン生産国のヴィンテージをわかりやすく点数やマークで評価をしているので、誰でも大変使いやすいのが特徴です。

ヴィンテージチャート

ちなみに、上記の「ワインアドヴォケイト」からカロン・セギュールが生産されるボルドーの地域を調べると上記のようにポイントを調べることができます。

また、「ファインズ」さんも見ていただくとすぐにわかるとおり、「2009年」「2010年」の部分に「★」がついているが確認できると思いますが、これは「秀逸な年」を意味します。

(無断転用禁止なので気になる方はこちらから確認ください)

STEP2:カロン・セギュールのオフィシャルページから正しいワインの情報を得る

カロン・セギュール

生産者が紹介している情報ほど確実な情報はありません。

多くの海外のワイナリーのホームページは、調べてみると現地の言葉かもしくは英語表記でしか訳がでませんが、カロン・セギュールほど有名なワイナリーであれば、しっかりと日本語で訳されています。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、念のため確認してみてください。
オフィシャルページはこちらから

STEP3:市場の価格をできるだけ調べる

例えば、「楽天市場」のサイトひとつにしても、人気ワインのため多くの出店者が紹介しています。

カロン・セギュール 一覧

同じワインのはずなのに、提供しているヴィンテージによって値段が大きく変わってくるのがワインの特徴です。

そこには需要と供給のバランスや、評価の高いワインに関しては希少価値も上がり、入手困難なうえ価格もどんどんあがっていく傾向があります。

ネットの飽和な環境において、あまり調べすぎてしまうとキリがありませんが、最終的納得して購入するためには色々な価格を参考にするのはいいことです。

【補足】当たり年についてもう少し詳しく知りたいひとは!

たろう

せっかくだからもう少しワインの「当たり年」を知っておきたい!

ワインの「当たり年」を少しでも知っていると、ワイン選びも楽しくなり意外といいことがたくさんあります。

こんな選び方ができるようになります!
  • 銘柄やブドウ以外でワインを選ぶ基準ができる!
  • 「難しい年」のワインを上手に安く買うことができる!
  • プレゼントのときにリーズナブルなワインでも、良いヴィンテージを選らべれば美味しいワインをあげることができる!

非常に簡単な内容なので、その方法を知りたいひとは下記も合わせてご覧ください。

【比較できる】カロンセギュールの当たり年

たろう

あんまり値段が変わらないなら、なるべく良いヴィンテージで欲しいよね!

下記表のヴィンテージをタップするとワインの詳細へジャンプできます

スクロールできます
順位(当ブログ評価)ヴィンテージ評価(ファインズ)ポイント(ワインアドヴォケイト)Amazon 参考価格楽天市場 参考価格おすすめ度
No.1200999 Point17,706円~18,857円~★★★★★
No.2201098 Point21,780円~★★★★★
No.3201697 Point12,300円~15,000円~★★★★★
No.4201594 Point18,000円~14,300円~★★★★
No.5201493 Point16,900円~15,400円~★★★
No.62012●●●92 Point13,800円~13,800円~★★★
※ヴィンテージをタップするとワインの詳細へジャンプできます

それぞれ詳しく見ていきましょう。

【No.1】カロン・セギュール 2009

カロン・セギュール 2009

Amazon 参考価格:17,706円~(2021年6月時点)
楽天市場 参考価格:18,857円~(2021年6月時点)

カロン・セギュール

2009年のワインはボルドーにとって大変重要なヴィンテージでもあります。
ブドウの出来はこれまでにないほど恵まれた環境で育ち、カロン・セギュール以外のワインも素晴らしい出来となっています。
もともと力強いワインのため、10年以上も熟成が進んで飲み頃に差し掛かってています。
若いころの渋みや酸味の角がとれ、洗練された美味しいワインとなった完璧なヴィンテージです。

こんな方におすすめ
こんな方は要検討
  • 良いヴィンテージで飲みたいひと
  • 飲み頃に近いワインで飲みたいひと
  • まだ2009年を飲んだことないひと
  • なるべく安い価格で買いたいひと

【No.2】カロン・セギュール 2010

カロン・セギュール 2010

楽天市場 参考価格:21,780円~(2021年6月時点)

カロン・セギュール

2009年同様に2010年も大変秀逸なヴィンテージです。
ブドウの出来からくるパワフルな味わいがようやく洗練され、上品で滑らかな仕上がりになってくる頃の、まさに飲み頃でいただける時が来たワインです。
もちろん、まだまだ熟成も十分に可能なので、そのままキープしても良し、開けてもパワフルさそのままにワインのラベルらしい品の良さも感じる1本です。

こんな方におすすめ
こんな方は要検討
  • 良いヴィンテージで飲みたいひと
  • 飲み頃に近いワインで飲みたいひと
  • オールドヴィンテージが好きなひと
  • なるべく安い価格で買いたいひと
  • オールドヴィンテージが苦手なひと

【No.3】カロン・セギュール 2016

カロン・セギュール 2016

Amazon 参考価格:12,300円(2021年6月時点)
楽天市場 参考価格:15,000円(2021年6月時点)

カロン・セギュール

2016年の気候は少し厳しい状況でした。
ですが、後半に差し掛かるほど天候はブドウにとって最高の環境に変化して、2009年や2010年と同じくらい素晴らしい出来に仕上がったグレートヴィンテージです。
まだまだ若めのワインのため、酸味、渋み、果実味の強さが際立つフルボディですが、ポテンシャルは十分高いワインなので、ゆっくり楽しんでいただきたい1本です。

こんな方におすすめ
こんな方は要検討
  • 良いヴィンテージで安く手に入れたいひと
  • パワフルなワインを求めているひと
  • 濃いワインがあまり好きでないひと
  • 熟成を待てないひと

【No.4】カロン・セギュール 2015

カロン・セギュール 2015

Amazon 参考価格:18,000円(2021年6月時点)
楽天市場 参考価格:14,300円(2021年6月時点)

カロン・セギュール

2015年のボルドーも大変優秀なヴィンテージ。
気候にも十分恵まれ申し分ないほどのクオリティで、若いうちでも力強い味が楽しめるので、今飲んでも思いっきりこのワインが楽しめるので当ブログではかなりおすすめ。
もちろん、先を見越してしっかり熟成させることも楽しみのひとつなので、キープも検討していただいてOKです。

こんな方におすすめ
こんな方は要検討
  • 良いヴィンテージが欲しいひと
  • まだ2015年を飲んだことないひと
  • 熟成を楽しみたいひと
  • すぐに飲み頃がほしいひと

【No.5】カロン・セギュール 2014

カロン・セギュール 2014

Amazon 参考価格:16,900円(2021年6月時点)
楽天市場 参考価格:15,400円(2021年6月時点)

カロン・セギュール

2014年は大変厳しい年で進んでいたところ、後半になるほど猛暑になりブドウにとって良い環境が整ったある意味奇跡的な年です。
最終的には優良なものになり、酸味、果実味ともにパワフルでしっかりした仕上がりになりました。
まだまだ熟成が進むものでもあるので、キープもおすすめです。

こんな方におすすめ
こんな方は要検討
  • 手頃で良いヴィンテージをに入れたいひと
  • 熟成を楽しみたいひと
  • すぐに美味しく飲めるヴィンテージで欲しいひと

【No.6】カロン・セギュール 2012

カロン・セギュール 2012

Amazon 参考価格:13,800円(2021年6月時点)
楽天市場 参考価格:13,800円(2021年6月時点)

カロン・セギュール

2012年はボルドーにとって非常に難しい年になりました。
とくに晩熟のカベルネ・ソーヴィニヨンはしっかり熟すことができず、苦労した生産者も多いのが事実。
ですが、このような年が狙い目のこともあります。
飲み頃を早く迎えられ、かつお値段も他の優良ヴィンテージより安く購入できる確率もあるので、ある意味狙い目かもしれません。

こんな方におすすめ
こんな方は要検討
  • すぐに美味しく飲みたいひと
  • あまりヴィンテージを気にしないひと
  • なるべくリーズナブルに買いたいひと
  • いいヴィンテージで欲しいひと

なるべくカロン・セギュールを安く買う方法

赤ワイン

当ブログでおすすめする購入方法はこちらです。

安く買うおすすめの方法
  1. 難しい年のワインを狙う
  2. プリムールで購入する

ボルドーのワインならではの方法なので、少し詳しく解説します。

難しい年のワインを狙う

前章で紹介しているヴィンテージチャートを参考に「当たり年」でないヴィンテージを狙うのが、実はお買い物上手だったりします。

難しい年のワインは、当たり年のものと比べ価格が安くなっている傾向があるのにもかかわらず、飲み頃も「当たり年」より早く迎えることが多いので、早いタイミングで美味しいワインを楽しむことができます。

例えば、上記で紹介したものでいうと「2012年」のカロン・セギュールが実は狙い目だったりもします。

もし、お目当てのものが若干高く予算オーバーだった場合は、是非この方法を採用してください。

プリムールで購入する

ボルド―のワインは「プリムール」で買う方法というのもあります。

簡単に言うと「リリース前のワイン」を購入するということです。

原料のぶどうが収穫された翌春、まだ樽の中のある熟成中の新酒(プリムール)を試飲会を経て業者に販売する先物取引が行われる。 実際にそのワインが業者のもとに届くのはおよそ2~4年後になる。

引用:ウィキペディア

特に良いヴィンテージの場合は色々な評価を得て、後々お値段も上がってきます。

「プリムール」の場合はまだ市場に出る前に予約して購入できるので、お値段が上がる前の1番最安値でおさえることができるので、本気で狙いたいヴィンテージがあればこの方法が断トツで安く購入することができます。

ですが、このプリムールは取り扱いできるインポーターも日本では限られているので、ある程度大手のワインショップから確認していただく必要があります。

プリムールの取り扱いワイン会社

その他もありますが、このあたりで確認していただければ間違いなく探すことができるでしょう。

時期でいうと初夏から夏くらいに少しずつ情報がでてくるので(届くのは2年後ですが)、気になる方はチェックしてお得に購入してみてください。

【まとめ】シャトー・カロン・セギュールの当たり年の買う方法

ワイン 夕方

本記事は「カロン・セギュールの当たり年」について紹介しました。

冒頭でもお伝えしましたが、良いヴィンテージでもお値段大きく跳ねてはいないので、同じものを買うなら少しでも良いヴィンテージを狙って購入した方が絶対お得です。

スクロールできます
順位(当ブログ評価)ヴィンテージ評価(ファインズ)ポイント(ワインアドヴォケイト)Amazon 参考価格楽天市場 参考価格おすすめ度
No.1200999 Point17,706円~18,857円~★★★★★
No.2201098 Point21,780円~★★★★★
No.3201697 Point12,300円~15,000円~★★★★★
No.4201594 Point18,000円~14,300円~★★★★
No.5201493 Point16,900円~15,400円~★★★
No.62012●●●92 Point13,800円~13,800円~★★★
※ヴィンテージをタップするとワインの詳細へジャンプできます

また、その他の人気高級ワインの当たり年を解説している記事もあるので、合わせて参考にしてください。

以上でございます。

「めしわいん (@meshi_wine)」からご覧いただきありがとうございました。

カロン・セギュール

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いたひと

飲食業で5年勤務し、その後外資系ワイン会社に転職。
営業職、通信販売部でワインの販売運営し退社。
現在ワインと料理のブログ運営、SNS運用代行をメインに活動。
「日本社団法人ソムリエ協会 ソムリエ」取得。

このブログは、今よりもっと楽しく豊かな食卓をおくるために、ソムリエが誰でもできる再現性のある内容で、ワインのおすすめや情報をお届けしています。

コメント

コメントする

目次
閉じる