ワインの無料相談・診断ができる公式LINEができました

これを読めば野球もワインも好きになる!プロ野球選手とワインの関係

たろう

野球好きの知り合いにワインをプレゼントしたいんだけど、なにか野球と関係のあるワインを知りたい!

このような疑問をお持ちの方が、解決できる記事となっています。

この記事の概要
  • ワイン好きのプロ野球選手
  • よく話題に上がるワイン

実はプロ野球選手の中でもワイン好きはたくさんいて、本当に面白い情報がたくさんあります。

ワインの勉強というよりも、生活やビジネス上の雑談のトピックとして話のタネにもなる内容なので、

気になる方は面白い記事なので是非参考にしてください。

目次

知ってる?ワイン好きなプロ野球選手

たろう

ワイン好きの野球選手って実際いるの?

皆さんも恐らく知っている有名な選手を数名ピックアップさせていただきました。

桑田真澄さん

桑田さんとワインの関係を知っているひとも多いかもしれませんが、球界を代表するワイン好きのひとりです。

もともとは「赤ワインは身体にいい」ということから飲み始めたのがきっかけとのことです。

ワインの知識がいっぱいあってハマった訳ではなく、きっかけはいたってシンプルなのが面白いですよね。

凄いのが日本ソムリエ協会の名誉ソムリエにもなっていることです。

さらに、ワインもご自身で手掛けています。

プロヴィダンス

Amazon 参考価格:22,000円~(2021年3月時点)
楽天市場 参考価格:19,580円~(2021年3月時点)

プロヴィダンス
ワイン名プロヴィダンス
赤ワイン
産地ニュージーランド
ブドウ品種シラー

スモーキーでラズベリーやヴァニラの香り。
ラズベリーやスグリの実のニュアンスと軽やかでフレッシュなタンニンがエレガントな余韻に繋がります。
その結果、滑らかで上品なワインです。

以前よりこちらのワイナリーの醸造に関わって、プライベートワインを造っているということはあまり知られていないかもしれません。

健康のために飲んでいたワインが、いつしか色々なワインを試すよになり、そこから産地やブドウを勉強するようになったそうです。

そして、世界でも手に入りにくいワインの生産者と出会い現在にいたるとのこと。

桑田さん曰く「ワイン野球と似ている」とも語っています。

指導者は選手を育てるのに、特別な愛情を持って育てるけど、決してすぐに上手くなるわけではない。
時間をかけて向き合うことで成長をしていく。
それはワインも一緒。
すぐに何かを与えたからって美味しくなるわけではない。
時間をかけて魂を込めて作ることでいいものができあがる。

江川卓さん

江川卓さんもこの界隈では有名なワイン通です。

その詳しさから以前には書籍も出しています。

夢ワイン

Amazon 参考価格:22,000円~(2021年3月時点)
楽天市場 参考価格:19,580円~(2021年3月時点)

1度興味が出るととことん頭に叩き込みたい性格のようで、野球のプレーの傍らワインの資料や本を読みあさって、徹底的に知識を蓄えていったそうです。

ワイン初心者のひとに参考になる点は、江川さん自身もたくさんのワインを頭だけでなく、やはり飲んでおぼえていったそうです。

高級ワインをたくさん開けて飲むことは難しいかもしれませんが、もし今後勉強していきたいひとは、自分の無理のない範囲で色々なワインを試してみることをおすすめいたします。

ちなみに同じ巨人軍の現監督「原辰徳」さんもワイン好きで知られ、手持ちにお気に入りのワインがある場合は、選手に振る舞うときもあるそうです。

井口資仁さん

元メジャーリーガー、現在ロッテの監督をしている井口さんも大のワイン好きです。

なんと、都内の自宅にあるワインセラーには、400本以上のワインが所有されているそうです。

ちなみに400本というと皆さんが想像する縦長のワインセラーを、おおよそ3〜4台分の量に相当します(笑)

かの有名なロマネ・コンティもコレクションになっているそうで、このワインを持つことが何よりのワイン好きを証明してくれています。

高梨雄平さん

現役の若い選手では、少し前に取り上げられていた楽天の高梨投手もワインにハマっているとのことです。

楽天の2枚看板則元投手と岸投手が抜けたシーズン途中のチームでも、上位をキープすることができるのは、高梨投手の抑えの活躍があるからこそと目下絶賛中の投手です。

そんな高梨投手は最近ワインに夢中で、セラーも所有しコレクションしているようです。

赤ワイン、白ワイン問わずお好きらしく、どうやら料理の腕前も本業さながらとのこと。

美味しい料理にワイン、ビシッと抑える投手リレーまでできるなんてまさに盤石ですね(笑)

プロ野球選手の間でもよく飲まれているワイン【TVでも度々紹介されています!】

たろう

プロ野球選手がどんなワインを飲んでいるか知りたい!

シーズン中や、普段からどのようなワインを飲んでいるかまではさすがに検討もつきませんが、よくTVでも紹介されるワインは何点かピックアップできます。

オーパス・ワン

オーパス・ワンとは?
  • フランスのボルドーで1級シャトーを所有する「フィリップ・ドゥ・ロスチャイルド氏」と、カリフォルニアワイン界の巨匠「ロバ―ト・モンダヴィ氏」が、手を組んで造り上げた最高品質のワイン。
  • 造られている場所は、アメリカのカリフォルニア州にある、ナパ・ヴァレーのオークヴィル。
  • 天候、土壌、全ての環境がワイン造りに適した条件で、ブドウの生育から収穫、そして醸造まで徹底した高品質の管理をワイナリーは行う。
  • さらに、最新科学技術を取り入れ、実際のワイン造りに反映させることで、他のワインとは違う唯一無二の、オーパス・ワンにしか出せないオリジナルの味を、ワイナリーは毎年追求している。

オーパス・ワンの意味はご存じですか?

Opus One(オーパスワン)とは音楽用語で「作品番号1番」の意味があります。
『一本のワインは交響曲、一杯のグラスワインはメロディのようなものだ』という考えからロスチャイルド男爵が名付けました。
ラベルにはモンダヴィ(東向き)とド・ロッチルト男爵(西向き)の2人の横顔とサインが連なって書かれています。
カリフォルニアの上質なカベルネ・ソーヴィニヨンを主体としたボルドースタイルのブレンドで、フルボディの高品質なワインとして多くのワインラヴァーに愛されています。

オーパス・ワン (Opus One) 2016

参考価格:41,994円~(2021年3月時点)※出展者により異なる
→ amazon、楽天からお選びいただけます

オーパスワン 2016

フレッシュな赤い果実や青い果実の芳醇な香り。
カシスのようなジューシーな味わいで、きめ細かい渋みは飲み口が非常に柔らかいのが特徴。
完璧に調和のとれたバランスと、長い余韻は他のワインとは比べ物にならないほど堪能できます。

【まとめ】好きな野球選手をきっかけにワインを楽しんでみよう

本記事は「ワイン好きの野球選手」について解説させていただきました。

スポーツ選手とワインの関係は非常に面白いトピックでもあるので、是非こちらの記事で話のタネにもしてください。

また、サッカー選手とワインの関係も非常に面白いので合わせて参考にしてください。

以上でございます。

「めしわいん (@meshi_wine)」からご覧いただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いたひと

飲食業で5年勤務し、その後外資系ワイン会社に転職。
営業職、通信販売部でワインの販売運営し退社。
現在ワインと料理のブログ運営、SNS運用代行をメインに活動。
「日本社団法人ソムリエ協会 ソムリエ」取得。

このブログは、今よりもっと楽しく豊かな食卓をおくるために、ソムリエが誰でもできる再現性のある内容で、ワインのおすすめや情報をお届けしています。

コメント

コメントする

目次
閉じる