ワインの無料相談・診断ができる公式LINEができました

初心者が読むべきおすすめのワイン本【僕はこれで詳しくなりました】

ワイン 本
たろう

ワインの勉強をするのに、どんな本を選んでいいかわからない!

めしわいん

始めての本であれば「見やすさ」「持ち運びやすさ」「価格」などを検討して、ゆっくり長く使えるものがおすすめです!

この記事の概要
  • 初心者がワイン本選びに失敗しないポイント
  • タイプ別おすすめワイン本
  • ワイン初心者が本から勉強するメリット、デメリット
  • ワインの勉強を楽しくさせるコツ(勉強スピードアップ方法)

どんな勉強でも、皆さん初めに取り掛かるのがネットや関連する書籍の購入だと思います。

ワインに関しては僕もソムリエの資格を取得した以降も勉強を続けています。

その中でも読んで損のなかったワインの本を、さらに初心者でも絶対ためになるものだけにピックアップしてこの記事を書きました。。

スクロールできます
タイトル参考画像タイプ大きさ持ち運びやすさわかりやすさ価格おすすめ度
世界のビジネスエリートが身につける 教養としてのワインワインの教養 参考画像雑学系単行本1,760円(5)
図解 ワイン一年生ワイン1年生雑学系単行本1,320円(5)
30日間ワイン完全マスター 2020(Winart Books30日ワイン 参考画像資格系単行本4,320円(5)
知識ゼロからのワイン入門ワイン入門資格系単行本1,320円(3)
田辺由美のワインブック2021年版田辺 本資格系大型版4,180円(4)
おうちでワイン 料理とワイン 組み合わせメソッドおうちでワイン料理系単行本1,650円(4)
なぜかワインがおいしいビストロの絶品レシピビストロ 本料理系単行本1,870円(3)
※タイトルをタップすると詳細へジャンプします

本選びに失敗しないポイントや勉強のコツも合わせて解説するので、是非参考にしてください。

目次

ワイン初心者が本選びに失敗しないためにおさえたいポイント

はなこ

せっかく買うなら良い本を選びたいよね。

めしわいん

初めての1冊は大事ですよね!早く勉強に移れるようにおすすめのポイントをまとめてみました。

  • わかりやすいイラスト多めなものや漫画系
    優先度:(4)
  • 持ち運びがしやすい大きさの本
    優先度:(5)
  • カラーになっているもの
    優先度:(3)
  • ビジネスや教養になりそうなもの
    優先度:(5)

僕がワインの本でおすすめする際に必ずポイントにしている内容です。

他のどの勉強にも言えるかもしれませんが、やっぱりわかりやすいに越したことはないので、カラーや漫画などのイラストが整っているものは誰にとってもおすすめです。

また、ワインは趣味や食卓を彩るのに大変役立ちますが、是非ビジネスや教養にも役立ててほしいと思います。

多くの著名人やビジネスで成功されている方がワインを嗜む傾向もあるので、少しでもワインを飲み知識をつけることで必ず良いお仕事に結びつきます。

なので、通勤中に持ち運べるくらいの大きさの本や、読んでても飽きない教養になりそうな内容の本も、僕は大いにおすすめしています。

めしわいん

自分が勉強してきて交流の幅も広がったし、実際ビジネスにもつながったので是非コツコツ取り入れてほしいです。

はなこ

確かに仕事で使えるとかっこいいし役立ちそうだね。
でも、常に本を持ってるのはちょっと邪魔かも。

めしわいん

その場合はKindle Unlimitedが、スマホやタブレットで見れておすすめですよ。

Amazon kindle Unlimited
Kindle Unlimitedとは?

月額980円で手持ちのスマホ、PC、タブレット、kindle端末でkindle無料読書アプリを使い200万冊以上の本を楽しめるサービスです。

これから下記で紹介する本も、Amazonのサービスを使えば月額制で持ち運びいらずの読み放題で勉強ができます。

しかも、初めて利用する方は30日間無料のキャンペーンも同時に実施しています!

なので、試しに登録して気に入らなければ退会しても費用の負担がないので、損することなく気になる本から勉強をスタートすることができます。

はなこ

デメリットはないの?

メリット
デメリット
  • 30日間無料体験ができる
  • 様々なジャンルの本が読める(200万冊以上)
  • 色々な端末から見ることができる
  • ライブラリに残せるのは10冊まで
  • 手元に残らずメモがしづらい
  • 必ず欲しい書籍があるとは限らない

この中で1番の懸念点は「メモがしづらい」ということかと思いますが、

ワイン初心者から本を手に取る場合、まずはワインの世界や雰囲気に慣れていくことが大切かと思うので、あまり気にしなくても大丈夫かと思います。

(ソムリエ試験など受ける際は別かもしれませんが、、、)

それでもアプリを入手して無料で始められるのは嬉しい点なので、是非取り入れてみてください。

200万冊以上が読み放題!
\無料でワインの勉強が始められる/

初心者におすすめのワイン本

本
はなこ

わたしは趣味から始めて興味が沸いてきたら資格にチャレンジしたいかも!

たろう

僕はビジネスでも使いたいから資格を目指して勉強していきたい!

ワイン本といっても種類は様々なので、上記のように目的、目標を少しでも明確にしておくと、本も選びやすいかと思います。

初心者が選ぶと良いワイン本の種類
  • 雑学系(趣味、ビジネス)
  • 資格系(資格、ビジネス)
  • 料理系(趣味、資格)

他にも種類はありますが、僕がおすすめしていて初心者の方でも飽きずに楽しんでいただいた本は下記の本です。

それでは具体的に紹介いたします。

スクロールできます
タイトル参考画像タイプ大きさ持ち運びやすさわかりやすさ価格おすすめ度
世界のビジネスエリートが身につける 教養としてのワインワインの教養 参考画像雑学系単行本1,760円(5)
図解 ワイン一年生ワイン1年生雑学系単行本1,320円(5)
30日間ワイン完全マスター 2020(Winart Books30日ワイン 参考画像資格系単行本4,320円(5)
知識ゼロからのワイン入門ワイン入門資格系単行本1,320円(3)
田辺由美のワインブック2021年版田辺 本資格系大型版4,180円(4)
おうちでワイン 料理とワイン 組み合わせメソッドおうちでワイン料理系単行本1,650円(4)
なぜかワインがおいしいビストロの絶品レシピビストロ 本料理系単行本1,870円(3)
※タイトルをタップすると詳細へジャンプします

【雑学系】世界のビジネスエリートが身につける 教養としてのワイン

ワインの教養 参考画像

ワインで有名な方は日本でもたくさんいらっしゃるのですが、決してこの方はマニアックではなく、すごく消費者目線で考えて書いているところが大変共感を得やすいものとなっています。

基本知識から、銘柄、活用法まで丁寧に解説していているので、きっとビジネスなどにも有効にはたらく1冊になるでしょう。

世界のビジネスエリートが身につける 教養としてのワイン

Amazon 参考価格:1,760円~(2022年1月時点)
楽天市場 参考価格:1,760円~(2022年1月時点)
Yahoo! 参考価格:1,760円~(2022年1月時点)
当ブログ評価:(5)

NYクリスティーズでアジア人初のワインスペシャリストとして活躍した著者が教える、ビジネスパーソンが教養として身につけたいワインの知識。
欧米の必須教養であり、最強のビジネスツールです。

こんな方におすすめ
こんな方は要検討
  • ビジネスでワインを上手に使いたいひと
  • 少しでも知識を深めたいひと
  • そもそもワインが好きでないひと

【雑学系】図解 ワイン一年生

ワイン1年生

超ワイン初心者の方には、まずはここから初めていただくのがおすすめです。

図解 ワイン一年生

Amazon 参考価格:1,320円~(2022年1月時点)
楽天市場 参考価格:1,320円~(2022年1月時点)
Yahoo! 参考価格:1,320円~(2022年1月時点)
当ブログ評価:(5)

漫画仕立てで非常にわかりやすい内容で、ワインの興味をかきたてながら取り組んでいくことができます。
サイズもコンパクトで持ち運びも可能なので便利に利用できるでしょう。

こんな方におすすめ
こんな方は要検討
  • 完璧初心者で、基本からゆっくり学びたいひと
  • ある程度知識があるひと

【資格系】30日間ワイン完全マスター 2020(Winart Books)

30日ワイン 参考画像

僕自身もこの1冊だけで合格までこぎつけることができました

実体験として大変おすすめできるものになります。

試験に出るところだけをまとめている本なので大変おすすめです。

30日間ワイン完全マスター 2020 (Winart Books)

Amazon 参考価格:4,320円~(2022年1月時点)
楽天市場 参考価格:売り切れ(2022年1月時点)
Yahoo! 参考価格:6,067円~(2022年1月時点)
当ブログ評価:(5)

試験にでてきそうな部分だけをピンポイントでしっかりと書いているので、余計な勉強をせず効率よく学べる点が大変おすすめです。
カラーにもなっていて見やすいのと、30日でセクションを分けているので、勉強ペースを自然と叩き込むこともできるので「ちょっと自分はルーズだな!」と思った方もこちらの本が解決してくれると思います。

こんな方におすすめ
こんな方は要検討
  • 電車の通勤や持ち運びもしたいひと
  • 日付を区切ってしっかり進めたいひと
  • より深くじっくり勉強したいひと(教本がおすすめです)

【資格系】知識ゼロからのワイン入門

発売日はなんと2000年。

20年以上も前から売り出されている本ですが、今でも書店で売られているので、非常に信頼のおける書籍です。

試験を受けること考えるとこの1冊では心もとないかもしれないので、この本をきっかけに別の本につなげていくほうがおすすめです。

ですが「入門書」としては決して悪くない1冊なので、いきなり難しいお話に行く前にワンクッション入れたいひとは、是非手に取ってみてください。

知識ゼロからのワイン入門

Amazon 参考価格:1,320円~(2022年1月時点)
楽天市場 参考価格:1,320円~(2022年1月時点)
Yahoo! 参考価格:1,320円~(2022年1月時点)
当ブログ評価:(3)

選び、味わい、楽しむ…。
そして誰かについ教えたくなる。
ワインに親しみ、作品でも取り上げるため取材、勉強を積み重ねた中で知ったワインを楽しむポイント、知識を漫画とエッセイで綴っています。

こんな方におすすめ
こんな方は要検討
  • 完全初心者で起訴から勉強したいひと
  • 資格試験勉強も視野に入れているひと
  • すでにワインの基礎勉強ができているひと

【資格系】田辺由美のワインブック2021年版

田辺 本

個人的にはこの1冊で、試験に向けてはほぼパーフェクトで学べるのではないかと思います。

田辺由美のワインブック 2021年版

Amazon 参考価格:4,180円~(2022年1月時点)
楽天市場 参考価格:4,180円~(2022年1月時点)
Yahoo! 参考価格:7,270円~(2022年1月時点)
当ブログ評価:(3)

細かい情報もしっかり書かれているので、教本と合わせてじっくり勉強をしていけば、必ずいい結果が出るはずです。
本のサイズは大きいので、持ち運びには不向きですが、移動中はアプリなどを使って復習すれば、さらにいい時間を過ごすことができるでしょう。

こんな方におすすめ
こんな方は要検討
  • たっぷり勉強時間がとれそうな方
  • 外に持ち運びたいひと

【料理系】料理系おうちでワイン 料理とワイン 組み合わせメソッド

料理は好きだけどワインはあまり詳しくない方には、料理からワインの知識を身につけていただく方法も素晴らしい方法です。

ワインと食事との相性をわかりやすく書いていて、作ることも食べることも、そしてワインを飲むことを楽しくさせてくれる内容はまさに「魔法のメソッド」です。

自宅で実践できるところも嬉しいですし、この知識をベースに外食した時にも活用できるので、主婦やOLの方などは密かに学べるいいバイブルになるはず。

おうちでワイン 料理とワイン 組み合わせメソッド

Amazon 参考価格:1,650円~(2022年1月時点)
楽天市場 参考価格:1,650円~(2022年1月時点)
Yahoo! 参考価格:1,650円~(2022年1月時点)
当ブログ評価:(3)

大手ワイン輸入業者勤務を経て、ワインとの相性を日々研究するほか、ワインに合うさまざまなおつまみなど商品開発も手がけ、料理教室「マリアージュキッチン」を主宰する料理研究家。
世界各地の多彩なワイン文化と、日本各地の豊かな食文化を追求し続けている。本書が初の著書となる。

こんな方におすすめ
こんな方は要検討
  • ワインは詳しくないけど料理は好きなひと
  • 料理に興味がないひと

【料理系】なぜかワインがおいしいビストロの絶品レシピ

ワイン 料理本

料理好きの心をくすぐるようなテーマの題名ですが、中身はしっかり本格的な料理のレシピ本です。

記念日やお祝い事でとっておきの料理とワインで楽しみたいときに、こちらの本を見ていただければどんなワインと合わせていいかもすぐにわかります。

なぜかワインがおいしいビストロの絶品レシピ

Amazon 参考価格:1,870円~(2022年1月時点)
楽天市場 参考価格:1,870円~(2022年1月時点)
Yahoo! 参考価格:1,870円~(2022年1月時点)
当ブログ評価:(3)

いつもの皿をごちそうにする秘密。
毎晩ワイン好きで賑わう「あのお店」の店主がだれもが喜ぶ前菜からメインディッシュ、デザートまでをおしみもなく公開している見てて楽しい1冊。

こんな方におすすめ
こんな方は要検討
  • 本格的なワインに合う料理を作ってみたいひと
  • 料理に興味がないひと

【本当に大丈夫?】ワイン初心者が本から勉強を始めるメリットとデメリット

本
はなこ

ワインって結局難しいんだよね。。。

めしわいん

否定はしません(笑)やっぱり難しいですよ!

初めてワインを勉強するのに、そもそも本からスタートさせることが良いことなのか?

これについても考えてみました。

メリット
デメリット
  • スクールやセミナーよりも低価格で勉強が始められる
  • 手元にあれば自分のペースで勉強が継続できる
  • わからない部分が何度も読み返せて復習がしやすい
  • 意外と難しくて結局諦める
  • ページの薄い書籍はそうそうない

1番心配な点は、買ったはいいもののあまりにも内容は難しすぎて、途中挫折してしまうひとが多いのも事実です!

ましては試験にチャレンジするひとは、覚える範囲も多く興味がない生産国や知識にも手をつけなければいけないので、

このあたりも本から始める場合は不安材料になります。

はなこ

何か飽きない方法はないの?

ワインの勉強に飽きないためのコツ
  • たくさんの種類を飲むことも勉強になります
  • 勉強仲間を見つける
  • 普段の食卓からワインを利用してみる
めしわいん

本と合わせて、飲んでおぼえるのが1番ですよ!

極論、やっぱり美味しいワインに出くわした時が最も楽しい瞬間だと思います。

ある程度知識がつくと、自分でも美味しいワインをさがせるようになるので、まずは本でちょっとずつ知識をつけて好みのワインに出会っていただきたいと思います。

ワインの銘柄はたくさんありますし、ヴィンテージまで考えたらもう無限に飲み切れませんし飽きませんよ(笑)

また、ワインを勉強する仲間もSNSでも交流できますし、このブログでおすすめしている「ワインスクールの無料体験」で出会った方と切磋琢磨するのもおすすめです。

当ブログでもワインの勉強トピック以外に「おすすめワインのレビュー」や「ワインに合うレシピ」も紹介しているので、

よかったらご覧いただいてどんどんワインの魅力を掴んでください。

本以外で初心者でもできるワインの勉強速度が10倍上がるコツ

レベルアップ
たろう

ちなみに、効率よく勉強する方法はありますか?

せっかく本を買ったらすぐに開いてほしいのですが、本格的に勉強をしたいひとはあるコツを意識して取り組んでいただければ何倍にも勉強速度を上げることができます。

初心者でも勉強速度を上げられる3つのコツ
  1. 外国語に慣れておこう
  2. スマホアプリも同時に利用しよう
  3. 普段の生活にワインをどんどん取り入れていこう

この3つを取り入れていただくだけで勉強のスピードは格段にアップさせることができます。

もう少し具体的に解説いたします。

外国語に慣れよう!

ワインは基本的に原産国の言語でラベルや情報が書かれています。

ワイン本を買っても、パートによってその国の言語が異なるので、おぼえていた単語などは時としてまったく使いものにならない可能性があります。

なので、外国語が苦手なひとは、まず少しだけも多言語の免疫をつけておきましょう。

言語で勉強が嫌になってしまうひとも多いので、これだけでも柔軟に対応ができれば必ず勉強のスピードは上がります。

ワインと同時に外国語の勉強をしている感覚で楽しんでみてください。

ワイン初心者はスマホアプリも同時に利用してみよう

とくにワイン初心者から資格試験を目指しているひとは、隙間時間の勉強にスマホアプリは非常に役に立ちます。

自宅で本を使って学習して、移動中や出先で本の持ち運びが困難な場合は、アプリを利用すれば復習もかねて効果的に勉強をすすめることができます。

しかも無料で始められるアプリもたくさんあるので、詳しく知りたいひとはこちらも確認してみてください。

普段の生活にワインを取り入れていこう!

「習うより慣れろ!」なんて言いますが、ワインの勉強はまさにそのとおりです。

具体的な方法は、普段の食事や外食のときにワインを頼んで飲むだけです(笑)

どんどん色々なワインを飲んで、品種や銘柄をおぼえていくのも楽しい勉強になります。

遊びながらかもしれませんが、これが徐々に大きな効果を発揮してくれるので、是非生活に取り入れていきましょう。

【まとめ】初心者が読むべきおすすめのワイン本

本

本記事は「初心者が読むべきおすすめワイン本」について解説しました。

「この本から始めなければいけない!」ということではないので、まずは自分にあったワインの本をさがしてみてください。

その際は目的を明確にして選ぶことによって、初心者でもワイン本選びの失敗を防ぐことができ、勉強の長続きにもつながるので、上記をご覧になって参考にしていただければと思います。

スクロールできます
タイトル参考画像タイプ大きさ持ち運びやすさわかりやすさ価格おすすめ度
世界のビジネスエリートが身につける 教養としてのワインワインの教養 参考画像雑学系単行本1,760円(5)
図解 ワイン一年生ワイン1年生雑学系単行本1,320円(5)
30日間ワイン完全マスター 2020(Winart Books30日ワイン 参考画像資格系単行本4,320円(5)
知識ゼロからのワイン入門ワイン入門資格系単行本1,320円(3)
田辺由美のワインブック2021年版田辺 本資格系大型版4,180円(4)
おうちでワイン 料理とワイン 組み合わせメソッドおうちでワイン料理系単行本1,650円(4)
なぜかワインがおいしいビストロの絶品レシピビストロ 本料理系単行本1,870円(3)
※タイトルをタップすると詳細へジャンプします

以上でございます。

「MESHI WINE – めしわいん (@meshi_wine)」からご覧いただきありがとうございました。

ワイン 本

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いたひと

飲食業で5年勤務し、その後外資系ワイン会社に転職。
営業職、通信販売部でワインの販売運営し退社。
現在ワインと料理のブログ運営、SNS運用代行をメインに活動。
「日本社団法人ソムリエ協会 ソムリエ」取得。

このブログは、今よりもっと楽しく豊かな食卓をおくるために、ソムリエが誰でもできる再現性のある内容で、ワインのおすすめや情報をお届けしています。

コメント

コメントする

目次
閉じる