ワインの無料相談・診断ができる公式LINEができました

初心者も自信を持って選べる!飲みやすい赤ワイン、白ワインを選ぶ4つの方法

たろう

初心者でワインを飲みなれていないから、なるべく飲みやすい赤ワイン、白ワインが知りたい!

この記事の概要
  • ワイン初心者でも実際に飲みやすい赤ワイン、白ワインの銘柄
  • 初心者でも失敗しないで飲みやすいワインを選ぶ方法

初心者のひとはいきなり高級なワインでちょっと飲みにくいワインを飲むより、手頃で飲みやすい味のものを選んだほうが絶対美味しくいただけます。

ワインが飲みにくいとされる要素
  • 酸味
  • 渋み
  • 苦み、えぐみ

上記であげた点は、初心者の方にとってワインを飲みにくくしてしまう味の要素にもなりかねないものです。

スクロールできます
苦手意識ワイン名タイプ産地ブドウ品種価格おすすめ度
酸味が苦手な方J.マイヤー・ゲヴュルツトラミネールドイツゲヴュルツトラミネール1,628円★★★★★
渋みが苦手な方ビコーズ・アイム・カベルネ・ソーヴィニヨン・フロム・カリフォルニアアメリカカベルネ・ソーヴィニヨン1,518円★★★★
苦み、えぐみが苦手な方インヴィーヴォ X サラ・ジェシカ・パーカー ソーヴィニヨン・ブランニュージーランドソーヴィニョン・ブラン2,750円★★★★
※ワイン名をタップで詳細へジャンプできます

さらに、これらの要素を赤ワインでも白ワインでも回避できる方法があるので、おすすめの参考ワインと一緒に詳しく解説いたします。

スクロールできます
方法こんな方におすすめ難易度
白でも赤でも甘口ワインを選ぶ完全初心者
アルコール度数を確認するアルコールに弱い方
温暖な気候の産地を選ぶ酸味が苦手な方★★★
ワインカクテルを選ぶ渋みや苦みに弱い方★★
※「方法」をタップで詳細にジャンプできます

どうぞ参考にしてください。

目次

ワイン初心者がでも飲みやすい赤ワイン、白ワインの銘柄

たろう

さっそくどんなワインが飲みやすいか知りたい!

それでは参考までにまずは赤ワイン、白ワインに分けて飲みやすいワインのを紹介します。

苦手意識ワイン名タイプ産地ブドウ品種価格おすすめ度
酸味が苦手な方J.マイヤー・ゲヴュルツトラミネールドイツゲヴュルツトラミネール1,628円★★★★★
渋みが苦手な方ビコーズ・アイム・カベルネ・ソーヴィニヨン・フロム・カリフォルニアアメリカカベルネ・ソーヴィニヨン1,518円★★★★
苦み、えぐみが苦手な方インヴィーヴォ X サラ・ジェシカ・パーカー ソーヴィニヨン・ブランニュージーランドソーヴィニョン・ブラン2,750円★★★★
※ワイン名をタップで詳細へジャンプできます

J.マイヤー・ゲヴュルツトラミネール

J.マイヤー ゲヴェルツトラミネール

楽天市場 参考価格:1,628円~(2021年2月時点)

ワイン名J.マイヤー ゲヴェルツトラミネール
タイプ白ワイン
生産国ドイツ
ブドウ品種ゲヴェルツトラミネール
J.マイヤー・ゲヴェルツ

活気に満ちた香りと味わい。
スパイス、バラの花、フルーツのアロマの素晴らしいバランスで、品種特有のライチを思わせる甘くエキゾチックな風味。

こんな方におすすめ
こんな方は要検討
  • まだあまりワインに慣れていないひと
  • 甘口ワインが飲みたいひと
  • 甘口が苦手なひと

ビコーズ・アイム・カベルネ・ソーヴィニヨン・フロム・カリフォルニア

ビコーズ・アイム カベルネ・ソーヴィニョン・フロム・カリフォルニア

Amazon 参考価格:1,815円~(2021年2月時点)
楽天市場 参考価格:1,518円~(2021年2月時点)

ワイン名ビコーズ・アイム カベルネ・ソーヴィニョン・フロム・カリフォルニア
タイプ赤ワイン
産地アメリカ
ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン
ビコーズ

暖かい土地で皮まで熟して育った葡萄から、果実味が豊かで濃密な味わいが生まれました。
力強いタンニンのフルボディで、酸はまろやか。
ブラックベリーやブラックチェリー、カシス、モカ、シガーの煙のような深みと樽香などが楽しめます。

こんな方におすすめ
こんな方は要検討
  • 酸味が強いワインが苦手なひと
  • 渋みがなるべくないワインをさがしているひと
  • クラシックなボルドー系を好みとしているひと

インヴィーヴォ X サラ・ジェシカ・パーカー ソーヴィニヨン・ブラン

インヴィーヴォ X サラ・ジェシカ・パーカー ソーヴィニヨン・ブラン

Amazon 参考価格:2,750円~(2021年2月時点)
楽天市場 参考価格:2,750円~(2021年2月時点)

ワイン名インヴィーヴォ X サラ・ジェシカ・パーカー ソーヴィニヨン・ブラン
タイプ白ワイン
生産国ニュージーランド
ブドウ品種ソーヴィニヨン・ブラン
sjp wine

グレープフルーツやパッションフルーツ、ライムの香りが立ち昇る。
芳醇なフルーツ感が広がる味わいで、みずみずしさとふくよかさがバランスよく調和し、綺麗な酸味がテイストを見事に引き締めています。

こんな方におすすめ
こんな方は要検討
  • 料理と合わせるワインで絶対失敗したくないひと
  • ニュージーランドのワインをまだ飲んだことないひと
  • 酸味が苦手なひと

初心者が失敗しないで飲みやすいワインを選ぶ4つの方法

たろう

白は飲みやすくて、赤は飲みにくいイメージなんです!
だから飲みやすいワインといえば「白色ワイン」を選んでいしまうけど、実際に初心者でも飲みやすいワインを選ぶ方法ってあるの?

もう1度「初心者が飲みにくい」おさらいしておきましょう。

ワインが飲みにくいとされる要素
  • 酸味
  • 渋み
  • 苦み、えぐみ

このあたりがしっかりと飲む前に解決できれば、飲みやすいワインを選ぶことができます。

しかも、その方法は誰でもできるとっても簡単な方法ばかりなので、これから紹介する4つの方法をご覧ください。

スクロールできます
方法こんな方におすすめ難易度
白でも赤でも甘口ワインを選ぶ完全初心者
アルコール度数を確認するアルコールに弱い方
温暖な気候の産地を選ぶ酸味が苦手な方★★★
ワインカクテルを選ぶ渋みや苦みに弱い方★★
※「方法」をタップで詳細にジャンプできます

白でも赤でも甘いワインを選ぶ【1番わかりやすい方法です】

ワインの味わいは「甘口~辛口」で表現でされることが多いので、初心者の方はまずは頭にいれておきましょう。

ちなみに英語では「Sweet~Dry」と表されています。

ワインはその国の生産国の言語でラベルが書かれているので、初めのうちは苦労するかもしれませんが、すぐに慣れると思います。

甘口」「辛口」と記載してある場所ですが、ワインラベルの表麺や裏面に書いてあることが多いので、購入前にどんな味わいか確認することができます。

バックラベル 参考

ところで、甘口ワインは白ワインしかないと思っているひともいるようですが、赤ワインにも甘口ワインはたくさんあります。

甘いワインを選ぶことによって、上記であげた苦手な要素の「酸味、渋み、苦み」を、舌は控えめに感じ取ってくれるので、自然と飲みやすいワインとなります。

なので、1番手っ取り早く飲みやすいワインを選ぶ方法は、赤白関係なしに甘口ワインを選ぶことです。

アルコール度数を確認する【低めの度数は甘口ワインなのでおすすめ!】

白ワイン

結論、選ぶポイントはアルコール度数10%以下のものを選ぶことです。

理由は10%以下のアルコール度数のワインは甘い口あたりワインに仕上がることが多いからです。

下記を目安にしてみてください。

スクロールできます
アルコール度数タイプ味わいの目安飲みやすさ
7~11度白ワイン、スパークリングワイン甘口多め★★★★★
12~13度白ワイン、スパークリングワイン、赤ワイン中辛口★★★★
14度以上白ワイン、スパークリングワイン、赤ワイン辛口★★★

ワインのアルコール度数は、ブドウの本来もつ糖分がアルコールに変化して度数が上がっていきます。

アルコール度数が低いということは、ブドウ本来持つ糖分がまだワインの中に残っていると考えていただくとわかりやすいかもしれません。

そのあたりを詳しく書いた記事も合わせて確認してください。

温暖な産地の気候を選ぶ【慣れてからでも構いません】

温かい温暖な国や地域で造られるワインは、ブドウの生育上太陽の光をいっぱい浴びることになるので、ブドウも熟れやすく、果実味に富んだワインが出来上がる傾向にあります。

例えば日本の果物で考えてみましょう。

「マンゴーは宮崎」「りんごは青森」

ブドウも一緒で南の方でできるワインは果実味が豊かになりやすく、北の少し寒い地域では酸味のあるシャープな味に仕上がりやすくなります。

例えば酸味が苦手なひとは、同じフランスのワインでも南の地域のワインを選んでみると柔らかい口当たりのワインがたくさんあることに気づくはずです。

騙されたと思って1度試してみてください!

ワインカクテルを選ぶ

海外では大変人気で良く飲まれているワインカクテルも、飲みやすいワインとして参考にしてみてください。

実はワインの種類は4パターンに分かれています。

ワインの種類概要参考ワイン
スティルワイン
(Still Wine)
泡のない通常のワイン全般のこと赤ワイン、白ワイン、ロゼワイン
スパークリングワイン
(Sparkling Wine)
発泡性のあるワインのことを表しますスパークリングワイン、シャンパン
フォーティーファイドワイン
(Fortified Wine)
Fortify(フォーティフィー)とは「強化する」という意味 シェリー、マデイラ、ポートワイン
フレーバードワイン
(Flavored Wine)
スティルワインに果実や香辛料など加えたワイン サングリア、ベルモット

フレーバードワインと言われる「サングリア」や「ベルモット」も立派なワインの種類のひとつです。

無理に通常のスティルワインを飲まなくても、初めのうちは「サングリア」なので慣れていくのも、とってもいい飲み方です。

もちろん、スーパーでもサングリアを買うことができますし、自分で作ることも可能です。

こちらも是非参考にしてください。

【まとめ】飲みやすいワインの特徴を理解できればさがし方は簡単です!

本記事は「初心者でも飲みやすいワイン」について解説させていただきした。

初めのうちは少しさがすのが大変かもしれませんが、慣れてくると選ぶこと自体が本当に楽しくなるので、是非先入観なしに試してみてください。

スクロールできます
苦手意識ワイン名タイプ産地ブドウ品種価格おすすめ度
酸味が苦手な方J.マイヤー・ゲヴュルツトラミネールドイツゲヴュルツトラミネール1,628円★★★★★
渋みが苦手な方ビコーズ・アイム・カベルネ・ソーヴィニヨン・フロム・カリフォルニアアメリカカベルネ・ソーヴィニヨン1,518円★★★★
苦み、えぐみが苦手な方インヴィーヴォ X サラ・ジェシカ・パーカー ソーヴィニヨン・ブランニュージーランドソーヴィニョン・ブラン2,750円★★★★
※ワイン名をタップで詳細へジャンプできます

また選び方もいつでも確認できるようにブックマークしておくこともおすすめです。

スクロールできます
方法こんな方におすすめ難易度
白でも赤でも甘口ワインを選ぶ完全初心者
アルコール度数を確認するアルコールに弱い方
温暖な気候の産地を選ぶ酸味が苦手な方★★★
ワインカクテルを選ぶ渋みや苦みに弱い方★★
※「方法」をタップで詳細にジャンプできます

以上でございます。

「めしわいん (@meshi_wine)」からご覧いただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いたひと

飲食業で5年勤務し、その後外資系ワイン会社に転職。
営業職、通信販売部でワインの販売運営し退社。
現在ワインと料理のブログ運営、SNS運用代行をメインに活動。
「日本社団法人ソムリエ協会 ソムリエ」取得。

このブログは、今よりもっと楽しく豊かな食卓をおくるために、ソムリエが誰でもできる再現性のある内容で、ワインのおすすめや情報をお届けしています。

コメント

コメントする

目次
閉じる