ワインの無料相談・診断ができる公式LINEができました

【断トツのコクや深み!】ドメーヌ・ドルーアン・ヴォードン シャブリ レゼルヴ・ド・ヴォードンのレビュー

はなこ

美味しいシャブリが飲みたい!

こんな方には「ドメーヌ・ドルーアン・ヴォードン シャブリ レゼルヴ・ド・ヴォードンが、コクや深みが他のシャブリに比べ格段に高く大変おすすめです。

この記事の概要
  1. ドメーヌ・ドルーアン・ヴォードン シャブリ レゼルヴ・ド・ヴォードンのレビュー
  2. ドメーヌ・ドルーアン・ヴォードン シャブリ レゼルヴ・ド・ヴォードンの口コミ
  3. ドメーヌ・ドルーアン・ヴォードン シャブリ レゼルヴ・ド・ヴォードンと合う料理

僕もシャブリは大好きでよく食卓で利用しますが、久々に唸りたいほどヒットした美味しい味わいでした。

若いシャブリは酸味も少し尖っていて銘柄によってはシャブリといえど飲みにくい印象をもってしまいがちですが、こちらは全然違います。

おすすめポイント!
  • 若くても酸味がきつくない
  • 果実味が丸くふくよか
  • 温度が上がっても美味しい
めしわいん

ワインの受賞歴も凄いんです!

  • (2018)“SAKURA” Japan Women’s Wine Awards 2020 シルバー
  • (2017)ワイン・アドヴォケイト誌 90ポイント
  • (2016)ジェームス・サックリング 91ポイント
  • (2015)“SAKURA” Japan Women’s Wine Awards 2017 ゴールド
  • (2013)ワインスペクテーター 2015年12月31日,2016年1月15日号 90ポイント

シャブリ好きの方もこれから始めて飲む方にも、味の詳細や合わせた料理など詳しくレビューいたしますので、是非ご覧ください。

本記事は「三国ワイン株式会社」さまのご提供により作成しています。

目次

ドメーヌ・ドルーアン・ヴォードン シャブリ レゼルヴ・ド・ヴォードンのレビュー

ドメーヌ・ドルーアン・ヴォードン シャブリ レゼルヴ・ド・ヴォードン
はなこ

実際にどんなワインなの?

それでは順番に「ドメーヌ・ドルーアン・ヴォードン シャブリ レゼルヴ・ド・ヴォードン」のスペックを紹介します。

ドメーヌ・ドルーアン・ヴォードン シャブリ レゼルヴ・ド・ヴォードンの基本スペック

ドメーヌ・ドルーアン・ヴォードン シャブリ レゼルヴ・ド・ヴォードン

メーカー希望小売価格:3,630円(税抜)
当ブログ評価:(5)

ワイン名ドメーヌ・ドルーアン・ヴォードン シャブリ レゼルヴ・ド・ヴォードン
タイプ白ワイン
生産国フランス
ブドウ品種シャルドネ
ドメーヌ・ドルーアン・ヴォードン シャブリ レゼルヴ・ド・ヴォードン
味のタイプ
甘い
辛い
酸味
低い
高い
果実味
低い
高い

ドルーアンはぶどうの凝縮感を出すために、芽を8つしか残さず収穫量を減らすという方法を頑なに続けています。
いきいきとした上品な酸、ミントやレモングラスを想わせるフレッシュな香りを表現しています。

こんな方におすすめ
こんな方は要検討
  • コクのある白ワインをさがしているひと
  • 酸味が穏やかなワインが好きなひと
  • 飲みやすいシャブリをさがしているひと
  • 軽めのワインが好きなひと
  • すっきりさっぱり系が飲みたいひと

ドメーヌ・ドルーアン・ヴォードン シャブリ レゼルヴ・ド・ヴォードン表ラベル

ドメーヌ・ドルーアン・ヴォードン シャブリ レゼルヴ・ド・ヴォードン
ドメーヌ・ドルーアン・ヴォードン シャブリ レゼルヴ・ド・ヴォードン

表ラベルはすべて横文字でわかりづらいと思いますが、書いてある内容は生産者やヴィンテージ、銘柄など基本的な必要事項が記載されています。

ドメーヌ・ドルーアン・ヴォードン シャブリ レゼルヴ・ド・ヴォードンのバックラベル

ドメーヌ・ドルーアン・ヴォードン シャブリ レゼルヴ・ド・ヴォードン

バックラベルは親切に日本語で生産者の歴史やアルコール度数など確認ができます。
辛口か甘口の表記も上部に記載があるので、比較てきバックラベルで判断しやすいものとなっています。

ドメーヌ・ドルーアン・ヴォードン シャブリ レゼルヴ・ド・ヴォードンのキャップ部分

ドメーヌ・ドルーアン・ヴォードン シャブリ レゼルヴ・ド・ヴォードン
ドメーヌ・ドルーアン・ヴォードン シャブリ レゼルヴ・ド・ヴォードン コルク

こちらの生産者ならではですが、黄色のキャップシールが特徴です。
抜栓のコルクですが少し長めのタイプなので、開ける時には十分注意してください。

ドメーヌ・ドルーアン・ヴォードン シャブリ レゼルヴ・ド・ヴォードンのワインの色

ドメーヌ・ドルーアン・ヴォードン シャブリ レゼルヴ・ド・ヴォードン
ドメーヌ・ドルーアン・ヴォードン シャブリ レゼルヴ・ド・ヴォードン

ワインの色は綺麗な少し濃いめの黄色で、見るからにボリュームのありそうなワインだとうかがえます。
香りのたちも良く、飲み口も大変インパクトある味わいです。

ドメーヌ・ドルーアン・ヴォードン シャブリ レゼルヴ・ド・ヴォードンと比較しやすいワイン

当ブログでこれまで紹介したワインのなかで「ボーグル・ヴィンヤーズ・シャルドネ」は、飲み比べにうってつけです。

同じブドウ品種でどちらも白ワインの中でボリューム感があるほうですが、その中で酸味や樽香の違いなど比較していくと、より自分の好みの白ワインがわかってくるようになります。

めしわいん

もっと酸味が控えめで、少し甘いニュアンスも欲しいという場合は「ボーグル・ヴィンヤーズ・シャルドネ」がおすすめです。

ボーグル シャルドネ
スクロールできます
比較対象/ワイン名ドメーヌ・ドルーアン・ヴォードン シャブリ レゼルヴ・ド・ヴォードンボーグル・ヴィンヤーズ・シャルドネ
生産国フランスアメリカ
品種 シャルドネシャルドネ
参考価格 3,630円2,101円

ドメーヌ・ドルーアン・ヴォードン シャブリ レゼルヴ・ド・ヴォードン

味のタイプ
甘い
辛い
酸味
低い
高い
果実味
低い
高い

ボーグル・ヴィンヤーズ・シャルドネ

味のタイプ
甘い
辛い
酸味
低い
高い
果実味
低い
高い
めしわいん

こちらのボーグルシリーズは他の銘柄も美味しかったですよ!

ドメーヌ・ドルーアン・ヴォードン シャブリ レゼルヴ・ド・ヴォードンの口コミ

ドメーヌ・ドルーアン・ヴォードン シャブリ レゼルヴ・ド・ヴォードン
はなこ

口コミってどうなの?

ドメーヌ・ドルーアン・ヴォードン シャブリ レゼルヴ・ド・ヴォードン」の口コミをまとめました。

比較的好意的なレビューが多くあがっていますが、なかには「物足りない」や「比べると〇〇の方がいい」という口コミもあります。

大変上品なワインなので、あとは「それぞれの好み」が口コミにも反映されているのかと思います。

めしわいん

ヴィンテージによっても違うので、チャンスがあれば毎年1本ずつ試してみるのもいいかもしれません!

ドメーヌ・ドルーアン・ヴォードン シャブリ レゼルヴ・ド・ヴォードンの良い口コミ

評価:(4)

品があって華やかな香り 「ミネラル」ってこういうことだよなー 蜜のような後味がたまらない。

同じシャブリの土地でも、作り手が違うと味が違うって分かったきっかけのワイン。

ジョセフ・ドルーアンと、ルイ・ラトゥール どちらもキャップが黄色なので、昔は区別付いていませんでした。

ドメーヌ・ドルーアン・ヴォードン シャブリ レゼルヴ・ド・ヴォードン良い口コミ

評価:(3.5)

やっぱり牡蠣にはシャブリ。 岩牡蠣とドルーアン。

思った以上にぴったりであっという間になくなりました(*´∇`*)

ドメーヌ・ドルーアン・ヴォードン シャブリ レゼルヴ・ド・ヴォードンと合う料理

ドメーヌ・ドルーアン・ヴォードン シャブリ レゼルヴ・ド・ヴォードン
はなこ

合わせやすい料理はある?

合わせる料理のワンポイント

シャブリや魚介系と合わせやすいワインですが、クリーム系のパスタもおすすめです。
具材をシーフードにすれば完璧ですよ!

シーフードクリームペンネ

クリーム系の味がなかなか決まらない方の裏技として「シチューの素」を使う方法がおすすめです。
牛乳で伸ばしてあとはお好みで塩、胡椒で調整するだけなので、とっても簡単に作ることができます。

クリームパスタ
クリームパスタ

もっとほかの料理もみたい方は、筆者のインスタグラムをご覧ください。

【まとめ】ドメーヌ・ドルーアン・ヴォードン シャブリ レゼルヴ・ド・ヴォードンのレビュー

ドメーヌ・ドルーアン・ヴォードン シャブリ レゼルヴ・ド・ヴォードン

本記事は「ドメーヌ・ドルーアン・ヴォードン シャブリ レゼルヴ・ド・ヴォードン」について解説いたしました。

すっきり、さっぱりのシャブリも個人的には大好きですが、ふくよかな味わいもやっぱり魅力的でした。

とくにワインにまだ慣れていない場合が、こういった味わいのシャブリからスタートしていただくと安心して楽しむことができると思っております。

是非1度機会があれば飲んでみてください。

また、美味しいワインをきっかけにワインを勉強してみようと思った方は下記の記事もご覧ください。

以上でございます。

「めしわいん (@meshi_wine)」からご覧いただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いたひと

飲食業で5年勤務し、その後外資系ワイン会社に転職。
営業職、通信販売部でワインの販売運営し退社。
現在ワインと料理のブログ運営、SNS運用代行をメインに活動。
「日本社団法人ソムリエ協会 ソムリエ」取得。

このブログは、今よりもっと楽しく豊かな食卓をおくるために、ソムリエが誰でもできる再現性のある内容で、ワインのおすすめや情報をお届けしています。

コメント

コメントする

目次
閉じる