ワインの無料相談・診断ができる公式LINEができました

初心者でも飲みやすい白ワイン!J.マイヤー・リースリングのレビュー

はなこ

ワインに慣れていないひとが飲んでも、飲みにくくない美味しワインが知りたい!

このような方には「J.マイヤー リースリング」がおすすめです。

この記事の概要
  1. J.マイヤー・リースリングのレビュー
  2. J.マイヤー・リースリングの口コミ
  3. J.マイヤー・リースリングと合う料理

「リースリング」品種はワイン初心者の方にとってもおすすめの品種です。

すっきりして、さっぱりな味わい、かつ甘口から辛口まで存在するので、ひとつの品種で色々な味を楽しむことができます。

そんな中でもこちらのワインは辛口タイプのものですが、非常に飲みやすく、食事とも合わせやすいので大変使い勝手がいいものです。

何度飲んでも飽きないワイン初心者にとって万能ワインなので、是非ワイン選びに迷っていたら参考にしてください。

本記事は「@agri_corporation」さまからご提供いただいて作成しています。

目次

J.マイヤー・リースリングのレビュー

リースリング
はなこ

安くて飲みやすいといいんだけど?

J.マイヤー・リースリングの基本スペック

J.マイヤー リースリング

Amazon 参考価格:1,490円(2021年4月時点)
楽天市場 参考価格:1,628円(2021年4月時点)

ワイン名J.マイヤー リースリング
白ワイン
産地ドイツ
ブドウ品種リースリング
J リースリング

淡いイエロー・カラー。ピーチ、アプリコット、レモンを思わせるリースリングらしい華やかなアロマ。
完熟フルーツの濃厚な風味と、リースリング特有のスパイシーなキレとの見事なバランス。
フレッシュで活気に満ち、後味はスッキリとドライなミディアムボディのワインです。

こんな方におすすめ
こんな方は要検討
  • ワイン初心者の方
  • すっきり、さっぱり系の味が好きな方
  • 軽めで食事と一緒に楽しみたい方
  • フルボディのワインが好きなひと
  • 甘口でさがしているひと

J.マイヤー・リースリングの表ラベル

ドイツワインでよくある細長いボトルの形状で、青色をあしらったラベルとなっています。
こちらのワインはブドウ品種ごとにラベルの色を分けているので、とってもわかりやすい見た目となっています。
(リースリングは青ということです)

J.マイヤー・リースリングのバックラベル

バックラベルはシンプルにワインについて記載があり、日本語でわかりやすくなっています。
(撮影し忘れてしまいました 汗)

J.マイヤー・リースリングのキャップ部分

キャップはスクリューキャップになっているので、飲み切れないときもそのまま閉めて保存ができます。
ワイン初心者にとっては安心材料です。

J.マイヤー・リースリングのワインの色

気になるワインの色は、薄いイエローの綺麗な色をしています。
こういうワインは少し小ぶりのグラスで飲むのがおすすめです。
白ワインの温度も外気に触れにくく上がりづらいので、長い間キリッと楽しむことができます。

J.マイヤー・リースリングのワインと比較しやすいワイン

当ブログでこれまで紹介したワインのなかで「J.マイヤー・ピノ・ノワール・ブラン」は、品種違いで味の雰囲気やボリューム感はこちらのワインと近い部分もあって、飲み比べてみても面白いですよ!

ピノ・ノワール・ブラン
スクロールできます
比較対象/ワイン名J.マイヤー・リースリングJ.マイヤー・ピノ・ノワール・ブラン
生産国ドイツドイツ
品種リースリングピノ・ノワール
参考価格1,490円1,490円

J.マイヤー・リースリング

味のタイプ
甘い
辛い
酸味
低い
高い
果実味
低い
高い

J.マイヤー・ピノ・ノワール・ブラン

味のタイプ
甘い
辛い
酸味
低い
高い
果実味
低い
高い

J.マイヤー・リースリングの口コミ

リースリング
はなこ

ほかのひとの感想とかも知りたいなぁ。

「J.マイヤー・リースリング」の口コミをさがしてみたのですが、なかなかレビューをあげている方が少ないので、

僕の方の正直な感想を参考にしてください!

J.マイヤー・リースリングの口コミ

綺麗な酸味とほのかな果実味が、とっても飲みやすく始めの飲み口から大変好印象でした。

酸味もとがってないのできつくなく、どんな方が飲んでも「不味い」とは言われない味(笑)

しいて言えば、ワインに味の濃さやボリュームを求める方は、確実に物足りない印象があると思うので、こういった方はおすすめできません。

筆者から

J.マイヤー・リースリングと合う料理

リースリング
はなこ

合わせやすい料理はある?

合わせる料理のワンポイント

せっかくの綺麗な酸味を活かしてほしいので、さっぱり系の和食は非常におすすめです。

あとは下記のような皆大好きなカレーもひと手間食わせるだけでワインとよく合いますよ!

無水トマトカレー

トマトカレー

ワインの酸味を活かした、トマトベースのカレーです。
トマトの酸味と香辛料、さらに無水で調理しているのでそれぞれの素材上手く引き出した、食べ始めたら止まらない一品です!

もっとほかの料理もみたい方は、筆者のインスタグラムをご覧ください。

【まとめ】J.マイヤー・リースリング

リースリング

本記事は「J.マイヤー リースリング」のレビューをご紹介いたしました。

ワインに慣れていない方は、見た目だけで飲みやいワインを当てるのも相当大変なので、このようなレビュー記事が参考にしていただけるといいかと思います。

軽めでスッキリ、辛すぎず食事と一緒に楽しみたい。

こんな方におすすめなので、1度是非お試しください。

また、同じブドウ品種でスパークリングワインも大変飲みやすいので、合わせて参考にしてください。

以上でございます。

「めしわいん (@meshi_wine)」からご覧いただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いたひと

飲食業で5年勤務し、その後外資系ワイン会社に転職。
営業職、通信販売部でワインの販売運営し退社。
現在ワインと料理のブログ運営、SNS運用代行をメインに活動。
「日本社団法人ソムリエ協会 ソムリエ」取得。

このブログは、今よりもっと楽しく豊かな食卓をおくるために、ソムリエが誰でもできる再現性のある内容で、ワインのおすすめや情報をお届けしています。

コメント

コメントする

目次
閉じる