Amazonブラックフライデーのおすすめワインを紹介中

【2022年版】ボージョレ・ヌーヴォの解禁日いつ?ワインの出来とおすすめ銘柄を解説

赤ワイン 乾杯
  • URLをコピーしました!
はなこ

今年のボージョレっていつ解禁なの?せっかくだからおすすめも知りたい!

この記事の概要
  • 2022年ボージョレ・ヌーボ解禁日
  • 2022年ボージョレ・ヌーボの評判
  • ボージョレ・ヌーボの歴史
  • ボージョレ・ヌーボの種類
  • おすすめの銘柄
  • 10倍美味しくする飲み方
  • ボージョレと合わせやすい料理

「解禁日だけはせっかくだから飲んでみたい!」

なんて思うひとも多いと思いますが、やっぱり今年のワインの正確な解禁日や評価は気になりますよね。

僕も毎年飲みますが、仕事柄ある程度飲んでいると美味しい銘柄や飲み方がみえてきます。

そんな僕の経験を踏まえ、ボージョレ・ヌーヴォについて惜しみなくこちらの記事で紹介するので、ご覧いただき是非美味しいワインを今年は楽しんでみてください。

2022年のボージョレ・ヌーヴォの解禁日は11月17日(木)

2022年のボージョレ・ヌーヴォの出来について

2022年はブドウの房は小さいく収穫量は少ないものの、酸味の凝縮されたバランスの良い出来のボージョレに仕上がってるようです。

近年でいうと2015年、2020年のフランス最高のヴィンテージと同等のクオリティが楽しめ、ボージョレにっとって「最高」との見解でした。

※詳細はこちら

スクロールできます
ワイン名アンリ・フェッシ・ボージョレ・ヌーボ 2022ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヴィラージュ ヌーヴォー 2022
セレクション プリュス
ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー 2022アンリ・フェッシ・ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ・
ヴィエイユ・ヴィーニュ 2022
ジョルジュ デュブッフ オレンジ ヌーヴォー 2022
参考画像アンリ・フェッシ・ボジョレー・ヌーボージョルジュ デュブッフ ボジョレー ヴィラージュ ヌーヴォー セレクション プリュスジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォーアンリ・フェッシ・ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ・ヴィエイユ・ヴィーニュジョルジュ デュブッフ オレンジ ヌーヴォー
タイプ赤ワイン赤ワイン赤ワイン赤ワインオレンジワイン
ブドウ品種ガメイガメイガメイガメイシャルドネ
参考価格3,238円4,441円2,507円4,162円3,295円
おすすめ度(4)(5)(4.5)(4)(3.5)
詳細詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

僕自身がワインの業界にいてこれまでいくつも飲んできましたが、その中でもおすすめの銘柄はこちらです。

アンリ・フェッシ・ボジョレー・ヌーボー

Amazon 参考価格:3,238円~(2021年11月時点)
楽天市場 参考価格:2,838円~(2021年11月時点)
Yahoo! 参考価格:3,080円~(2021年11月時点)
当ブログ評価:(5)

アンリ・フェッシ・ボジョレー・ヌーボー
味のタイプ
甘い
辛い
酸味
低い
高い
果実味
低い
高い
渋み
低い
高い
¥2,838 (2022/11/24 20:05時点 | 楽天市場調べ)

細かい点まで詳しく解説するので、最後まで是非ご覧ください。

どうせ1本買うなら
\早割が断然お得!!/

目次

ボージョレ・ヌーヴォとは?

ボージョレ・ヌーヴォ
はなこ

そもそもボージョレ・ヌーヴォってなに?

ボージョレ・ヌーヴォとは
  • ボージョレ(Beaujolais)=フランスのボージョレ地区
  • ヌーヴォ(Nouveau)=新しい(フランス語)※英語で言えばNew
  • ボージョレ・ヌーヴォ(Beaujolais Nouveau)=ボージョレ地区で造られた新しいワイン

結構難しく思うかもしれませが、該当の地域で造られた新酒とおぼえておいていただければ問題ありません。

もう少し詳しく解説いたしますね。

ボージョレ・ヌーヴォの歴史

ボージョレ・ヌーヴォについては色々な諸説がありますが、1番有力な情報で「現地の農民が収穫を祝った」のが始まりといわれています。

また、あまりブドウの出来が良くなく、それでもなんとかして美味しく作ろうと考えた農家のひとが収穫後すぐにワインとして飲めるような醸造を行った結果、たちまち美味しいと評判を経て広まったともされています。

ちなみに日本への輸入が盛んにおこなわれたのが1976年の時で、ちょうど経済も好調のバブル絶頂期のときです。

バブルと同時にワインのブームとなりましたが、バブル崩壊後はボージョレ・ヌーヴォの火も陰りをみせ、いったん落ち着くかたちとなりました。

ですが何度か起こる赤ワインブームの影響もあり、現在はバブルの時よりも大きな市場を占めるようになっています。

ボージョレ・ヌーヴォの解禁日について

ボージョレ・ヌーヴォには解禁日が設けられていて「11月の第3木曜日」という決まりがあります。

2022年のボージョレ・ヌーヴォの解禁日は11月17日(木)

はなこ

ずっと前からなの?

めしわいん

いや、実は何度か変更もありましたよ。

\解禁日の歴史/

  • 当初は11月11日(聖マルティヌスの日)
  • 終戦記念日と重なり11月15日に
  • 不正や生活スタイルから現在の11月第3木曜日に変更

当初11月11日が解禁日となっていました。

この解禁日は「聖マルティヌスの日」とされ非常にヨーロッパでは良い日とされていたのですが、第1次世界大戦の終戦記念日となり重なってしまうため、その後にいい日とされている11月15日変更になりました。

ですが、このように日にちで区切ってしまうと、飲食店やワインを販売する店舗が土日の場合休業してしまうことがフランスでは多く、せっかくの解禁日にも関わらず飲めない、売れないという事態も起きてしまったそうです。

また、ボージョレ・ヌーヴォは「新酒」ということで、フレッシュさが売りのためどこの生産者も収穫から醸造を早く行い一般に流通させたいということから、当時フランスでは休んで出せないなら早めに出して稼ごうなんて考えも出てしまい不正が相次ぐ状態に(悲)

そこで、日にちで区切らず曜日で区切ることで不正の横行や休業なども回避できるようになり現在の11月第3木曜日となったわけです。

ボージョレ・ヌーヴォの種類

はなこ

ボージョレ・ヌーヴォって赤だけなの?

めしわいん

いいえ、赤のほかにロゼがあります。

ボージョレ・ヌーヴォの種類について
  • フランスのボージョレ地区では「赤ワイン」「ロゼワイン」しかボージョレ・ヌーヴォと名乗ってはいけない法律がある
  • ブドウ品種にも決まりがあり「ガメイ」という黒ブドウの品種しか利用してはいけない
  • 「ヌーヴォ」という単語自体利用するのは問題ないので、白でも「ボージョレ」を名乗らなければ流通させることもできる(新酒という意味で)

不正に「ボージョレ」を扱われないために、フランスでは厳しい制限を設け基本的には「赤ワイン」か「ロゼワイン」のみとなっています。

白ワインは「ボージョレ・ヌーヴォ」を使わなければ新酒として扱いリリースすることができます。

めしわいん

今年はちょっと面白くてオレンジワインがリリースされています!

ジョルジュ デュブッフ オレンジ ヌーヴォー

Amazon 参考価格:3,295円~(2022年11月時点)
楽天市場 参考価格:3,388円~(2022年11月時点)
Yahoo! 参考価格:3,380円~(2022年11月時点)
当ブログ評価:(3.5)

ジョルジュ デュブッフ オレンジ ヌーヴォー
味のタイプ
甘い
辛い
酸味
低い
高い
果実味
低い
高い
¥3,980 (2022/11/24 20:05時点 | 楽天市場調べ)

解禁日に同時に試してみても面白いですよね!

「ボージョレ・ヌーヴォ」と「ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ」の違い

はなこ

ものによって「ヴィラージュ」って書いてあるけど違いはあるの?

ボージョレ・ヌーヴォを選ぶとき「ヴィラージュ」と書いているものと、そうでない2種類あるのでこのあたりも詳しく解説します。

ヴィラージュの特徴

  • 使われるブドウ(ガメイ)は一緒でも、採れる区画が違う
  • 通常<シュペリュール<ヴィラージュ<クリュの順番でランクが上がる
  • ヴィラージュの場合区画を限定しているため、ブドウも選別された良質なブドウ
  • ヴィラージュで取れたブドウから造られるワインは、味にコクや深み出るがその分価格も高くなる
ヴィラージュの良い点
ヴィラージュの懸念点
  • コクや深みがワンランク上がる
  • 短期の熟成もできる
  • 新酒と思えないほど上品な銘柄もある
  • 価格が少し高くなる
  • さっぱり飲みたいひとは通常の方がおすすめ
めしわいん

一概に全部の銘柄に当てはまるわけではないけど、ワインの濃さで違いがハッキリわかるものもありますよ!

好みの問題もあるので、高くて味の深い「ヴィラージュ」の方が絶対美味しいというわけではありません。

逆に通常のタイプでも軽やかでフレッシュな本来のボージョレ・ヌーヴォを楽しみたい方は「ヴィラージュ」でない方がおすすめだったりもします。

いずれも、楽しみ方はひとそれぞれなので、チャンスがあれば飲み比べてみてください。

ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヴィラージュ ヌーヴォー セレクション プリュス

Amazon 参考価格:4,441円~(2022年11月時点)
楽天市場 参考価格:4,580円~(2022年11月時点)
Yahoo! 参考価格:4,580円~(2022年11月時点)
当ブログ評価:(5)

ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヴィラージュ ヌーヴォー セレクション プリュス
味のタイプ
甘い
辛い
酸味
低い
高い
果実味
低い
高い
渋み
低い
高い

2022年のボージョレ・ヌーヴォの出来と評判

赤ワイン ブドウ
はなこ

今年のボージョレ・ヌーヴォの評判ってどうなの?

例年「〇〇年1度の、、、」ような凄いキャッチコピーがつけられるボージョレ・ヌーヴォですが、、、(笑)

フランスから情報を取り寄せたので詳細を抜粋します。

参考は下記の記事です。(フランス語です)

2022年は、夏の干ばつがブドウに影響を与えたため、必然的に特別な年となります。

「収穫は、私たちのブドウ園の部門ごとに非常に不均一であると、インテル ボジョレーの社長であるダニエル ブリアは分析しています。収穫量は、過去 5 年間の平均よりも 20% 少なくなるでしょう。品質に関しては、満足のいくものです。 2009年、2015年、2018年、2020年の偉大なヴィンテージとの類似点。

2022年、ボジョレーの素晴らしいヴィンテージ? これは、この地域のすべてのワイン生産者が望んでいることです。

LYON MAG.com

さらに記事後半部分に大切なことが書いています。

コロナ禍の中色々な面で生産者も苦労していますが、2022年関しては日本と一緒で天候に苦労した年となっているようです。

めしわいん

本年は大変期待がもてそうです!

だからといってワインが美味しくないとかそういうことではなくて、生産量自体が例年より少なくなる可能性があるので、流通が多少減る恐れがあると考えられます。

決してなくなることはありませんが、もし飲むことを決めているのであれば、今年の場合早めに予約してリーズナブルにゲットしておくことをおすすめします。

おすすめボージョレ・ヌーヴォ5選

赤ワイン 乾杯
はなこ

おすすめのボージョレ・ヌーヴォがあったら知りたい!

赤、ロゼ、プラスで白もこれまで飲んできた中から厳選して選びました。

選んだポイント
  • 誰でも飲みやすい味わい
  • 買いやすい価格
  • 比較的どこでも手に入りやすい
  • 見た目の良さ
めしわいん

ボージョレ・ヌーヴォはフルボディのワインではないので、しっかり目の味が飲みたいひとは要検討ですよ!

2022年のボージョレ・ヌーヴォの出来について

2022年はブドウの房は小さいく収穫量は少ないものの、酸味の凝縮されたバランスの良い出来のボージョレに仕上がってるようです。

近年でいうと2015年、2020年のフランス最高のヴィンテージと同等のクオリティが楽しめ、ボージョレにっとって「最高」との見解でした。

※詳細はこちら

スクロールできます
ワイン名アンリ・フェッシ・ボージョレ・ヌーボ 2022ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヴィラージュ ヌーヴォー 2022
セレクション プリュス
ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー 2022アンリ・フェッシ・ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ・
ヴィエイユ・ヴィーニュ 2022
ジョルジュ デュブッフ オレンジ ヌーヴォー 2022
参考画像アンリ・フェッシ・ボジョレー・ヌーボージョルジュ デュブッフ ボジョレー ヴィラージュ ヌーヴォー セレクション プリュスジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォーアンリ・フェッシ・ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ・ヴィエイユ・ヴィーニュジョルジュ デュブッフ オレンジ ヌーヴォー
タイプ赤ワイン赤ワイン赤ワイン赤ワインオレンジワイン
ブドウ品種ガメイガメイガメイガメイシャルドネ
参考価格3,238円4,441円2,507円4,162円3,295円
おすすめ度(4)(5)(4.5)(4)(3.5)
詳細詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

アンリ・フェッシ・ボージョレ・ヌーボ 2022

アンリ・フェッシ・ボジョレー・ヌーボー

Amazon 参考価格:3,238円~(2021年11月時点)
楽天市場 参考価格:2,838円~(2021年11月時点)
Yahoo! 参考価格:3,080円~(2021年11月時点)
当ブログ評価:(4)

アンリ・フェッシ・ボジョレー・ヌーボー 2021
味のタイプ
甘い
辛い
酸味
低い
高い
果実味
低い
高い
渋み
低い
高い

上質なボージョレワインを造りつづけているアンリ・フェッシ。
同社の高品質なボージョレワインは、パリのブラッスリー(洋風居酒屋)をはじめ、高級ホテルやレストランでも人気を博しています。
2008年ブルゴーニュの名門ルイ・ラトゥールの傘下となり、さらなる発展を遂げ、その名声は世界中に急速に広まりつつあります。
明るいルビーレッドとストロベリーのいきいきとしたアロマが印象的。
ラズベリーの豊かな果実味としなやかでやさしい口当たりが楽しめます。

¥2,838 (2022/11/24 20:05時点 | 楽天市場調べ)

ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヴィラージュ ヌーヴォー 2022 セレクション プリュス

ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヴィラージュ ヌーヴォー セレクション プリュス

Amazon 参考価格:4,441円~(2022年11月時点)
楽天市場 参考価格:4,580円~(2022年11月時点)
Yahoo! 参考価格:4,580円~(2022年11月時点)
当ブログ評価:(5)

ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヴィラージュ ヌーヴォー セレクション プリュス
味のタイプ
甘い
辛い
酸味
低い
高い
果実味
低い
高い
渋み
低い
高い

2021年に収穫されたとれたてぶどうからつくられた、果実や花の香りがあふれ、軽やかでフルーティな味わい。
そんなボジョレー ヌーヴォーならではの魅力が詰まった1本です。

ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー

ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー

Amazon 参考価格:2,507円~(2022年11月時点)
楽天市場 参考価格:3,278円~(2022年11月時点)
Yahoo! 参考価格:3,168円~(2022年11月時点)
当ブログ評価:(4.5)

ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー
味のタイプ
甘い
辛い
酸味
低い
高い
果実味
低い
高い
渋み
低い
高い

ボジョレー全域から選び抜かれた良質なぶどうのみセレクトし、帝王デュブッフ氏秘伝のブレンド技術でつくられた1本。
果実や花の香りがあふれ、軽やかでフルーティな味わいのライトボディの赤ワイン。
世界中のワイン愛好家を魅了し、フランス・リヨンで行われるワインコンクールにおいて多くの受賞歴を誇るなどの高評価です。

アンリ・フェッシ・ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ・ヴィエイユ・ヴィーニュ 2022

アンリ・フェッシ・ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ・ヴィエイユ・ヴィーニュ

Amazon 参考価格:4,162円~(2022年11月時点)
楽天市場 参考価格:4,268円~(2022年11月時点)
Yahoo! 参考価格:4,268円~(2022年11月時点)
当ブログ評価:(4)

アンリ・フェッシ・ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ・ヴィエイユ・ヴィーニュ
味のタイプ
甘い
辛い
酸味
低い
高い
果実味
低い
高い
渋み
低い
高い

同社の高品質なボージョレワインは、パリのブラッスリー(洋風居酒屋)をはじめ、高級ホテルやレストランでも人気を博しています。
2008年ブルゴーニュの名門ルイ・ラトゥールの傘下となり、さらなる発展を遂げ、その名声は世界中に急速に広まりつつあります。
深い紫色を帯び、ダークチェリーの凝縮された果実味にスパイスのニュアンスを感じる、力強さと上品さを備えた逸品です。

ジョルジュ デュブッフ オレンジ ヌーヴォー 2022

ジョルジュ デュブッフ オレンジ ヌーヴォー

Amazon 参考価格:3,295円~(2022年11月時点)
楽天市場 参考価格:3,388円~(2022年11月時点)
Yahoo! 参考価格:3,380円~(2022年11月時点)
当ブログ評価:(3.5)

ジョルジュ デュブッフ オレンジ ヌーヴォー
味のタイプ
甘い
辛い
酸味
低い
高い
果実味
低い
高い

色鮮やかに仕上げたオレンジヌーヴォーは、フレッシュな爽やかさの中に果実本来がもつジューシーさが合わさり、柑橘系や白桃を思わせる風味が感じられる味わいです。
オレンジワインとは、白ぶどうの果皮や種を果汁と共に発酵してつくられたワインです。

¥3,980 (2022/11/24 20:05時点 | 楽天市場調べ)

どうせ1本買うなら
\早割が断然お得!!/

誰でもすぐにできるボージョレ・ヌーヴォを10倍美味しく飲む方法

チーズ 盛り合わせ
はなこ

美味しい飲み方ってあるの?

ボージョレ・ヌーヴォの美味しい飲み方
  • 少し冷やして飲むのがベスト(10~12℃)
  • ワイングラスは小ぶりのグラスで温度が上がりにくいものがおすすめ
  • 熟成させて来年に飲んでみる
  • 軽めの食事とボージョレ・ヌーヴォを一緒に楽しむ

それぞれ詳しく見ていきましょう。

少し冷やして飲むのがベスト

「赤ワイン=常温」のイメージがあると思いますが、ボージョレ・ヌーヴォのような軽やかで渋みの少ない味のワインは少し冷やして飲むのがおすすめです。

飲み頃温度の目安
  • 軽めの赤ワイン(12~15℃)
  • 重めの赤ワイン(15~18℃)
めしわいん

大体冷蔵庫で1時間くらい冷やしておけばこの温度に近づきますよ!

注意点として、冷やし過ぎは逆に酸味が際立ち酸っぱくなってしまうので気を付けてください。

ワイングラスは小ぶりのグラスで温度が上がりにくいものがおすすめ

少し冷やした方がボージョレ・ヌーヴォも美味しくなりますが、口が大きいグラスだと外気に触れて温度が上がりやすくなってしまいます。

ボージョレ・ヌーヴォ専用のグラスなら問題ありませんが、ない場合はなるべく小ぶりで口が小さいグラスを利用して低い温度を保ちながら飲むようにしましょう。

はなこ

そんなの持ってないよ!

もし用意がない場合は、赤白両方に利用できるこちらのグラスがおすすめです。

ヴィノム ジンファンデル/リースリング・グラン・クリュ

Amazon 参考価格:7,965円(2022年11月時点)
楽天市場 参考価格:9,900円(2022年11月時点)
Yahoo!ショッピング 参考価格:7,299円(2022年11月時点)
当ブログ評価:(5)

リーデル ヴィノム グラス
こんな方におすすめ
こんな方は要検討
  • まだワイングラスを持っていないひと
  • 100均で買ったグラスしか持っていないひと
  • 今後ワインの勉強をしていきたいひと
  • 既にこのグラスを2セット以上もっているひと
  • ボウルの大きいグラスをさがしているひと
リーデルワイングラスの
良い口コミ

評価:(5)

中々ありそうでないワイングラス。
実際に手にしてみて、扱いは神経を使いますがワインをおいしく飲む事ができます。


良いと思います。

リーデルワイングラスの
悪いの口コミ

評価:(1)

4脚分購入したが、配送時に既に1脚分割れていた。

配送業者からすぐに配送元へ連絡が行き、1ヶ月以内程度で代替品を送ると言われたがその後何の連絡も無く2ヶ月経過している。

あまりにも不誠実ではないかしら。

熟成させて来年に飲んでみ

ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ以上の等級であれば、短い1年くらい開けずにとっておいて翌年のものと飲み比べてみても大変面白いと思います。

熟成させるメリット
熟成させるデメリット
  • ワインの味が洗練されてくる
  • もともとの価値が上がる
  • 将来の楽しみが増える
  • すぐに飲めない
  • ピークの判断が難しい
  • 年をとって身体の心配がある

やってみるとわかりますが1年でも味の違いがわかるので、もし余裕がある方は是非複数本用意して保存しておくことがおすすめです。

はなこ

でもどうやって保存すればいいの?

僕の経験とブログ内でもおすすめしている熟成に適している保存方法は下記の3つです。

  • ワインセラーを購入
  • ワインを預ける
  • 自宅でできる適した保存方法を徹底する

ちなみに、いくら良いワインでも保存する環境が劣悪だと、そもそものワインをダメにしてしまいます。

ダメなパターン

原因劣化の例
ワインにとって悪い環境40度くらいの暑い室内で保存をしていて、気づいたらワインが吹いていた
コルク不良ブショネと言われ、コルクの悪い菌が影響してワインに嫌な香りがつく
保存の仕方ワインを立てて保存したため、コルクが乾燥し抜栓できない状況

詳しいワインの熟成や保存方法は下記の記事をご覧ください。

軽めの食事とボージョレ・ヌーヴォを一緒に楽しむ

ボージョレ・ヌーヴォ自体は基本フレッシュで軽めの味わいが特徴です。

単体でも問題なく飲むことはできますが、せっかくなので軽めの料理と合わせていただくと美味しさ倍増です!

めしわいん

手の込んだ料理も良いけど、簡単なおつまみを集めて作る方法もありますよ!

僕のインスタグラムも参考に!

カルディ」のオンラインショップはこちらから

ワインに合うおつまみは、当ブログカテゴリーの「ワインに合う料理」からも是非ご覧ください。

【まとめ】美味しくお祭り気分で色々なボージョレ・ヌーヴォを楽しもう!

赤ワイン 乾杯

本記事は2022年の「ボージョレ・ヌーヴォ」について解説しました。

現地の情報や美味しい飲み方など惜しみなく説明してきましたので、ひとつの参考として美味しい1本を手に入れてください。

2022年のボージョレ・ヌーヴォの解禁日は11月17日(木)

2022年のボージョレ・ヌーヴォの出来について

2022年はブドウの房は小さいく収穫量は少ないものの、酸味の凝縮されたバランスの良い出来のボージョレに仕上がってるようです。

近年でいうと2015年、2020年のフランス最高のヴィンテージと同等のクオリティが楽しめ、ボージョレにっとって「最高」との見解でした。

※詳細はこちら

スクロールできます
ワイン名アンリ・フェッシ・ボージョレ・ヌーボ 2022ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヴィラージュ ヌーヴォー 2022
セレクション プリュス
ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー 2022アンリ・フェッシ・ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ・
ヴィエイユ・ヴィーニュ 2022
ジョルジュ デュブッフ オレンジ ヌーヴォー 2022
参考画像アンリ・フェッシ・ボジョレー・ヌーボージョルジュ デュブッフ ボジョレー ヴィラージュ ヌーヴォー セレクション プリュスジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォーアンリ・フェッシ・ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ・ヴィエイユ・ヴィーニュジョルジュ デュブッフ オレンジ ヌーヴォー
タイプ赤ワイン赤ワイン赤ワイン赤ワインオレンジワイン
ブドウ品種ガメイガメイガメイガメイシャルドネ
参考価格3,238円4,441円2,507円4,162円3,295円
おすすめ度(4)(5)(4.5)(4)(3.5)
詳細詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

以上でございます。

「めしわいん (@meshi_wine)」からご覧いただきありがとうございました。

赤ワイン 乾杯

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いたひと

大学卒業後、上場飲食会社に就職。
その後外資系ワイン会社に転職しワインコンサルタントとして営業、通信販売部マネージャーを経験し退社。

在籍時に「一般社団法人 日本ソムリエ協会 ソムリエ」を取得。

現在はEコマース支援会社に勤務しながら、夫婦でワインのウェブサイト運営、販売、レシピ撮影、開発をしています。

2021年よりNadiaアーティストとしてレシピも掲載しています。

このブログは、今よりもっと楽しく豊かな食卓をおくるために、ソムリエが誰でもできる再現性のある内容で、ワインのおすすめや情報をお届けしています。

コメント

コメントする

目次