ワインの無料相談・診断ができる公式LINEができました

料理用赤ワインって知ってる?おすすめを使って食卓をもっと美味しくしよう

赤ワイン
はなこ

料理に使う赤ワインってどんなものを使えばいいの?

このような方の悩みが解決できる記事となっています。

この記事の概要
  • 料理に赤ワインを使う効果
  • 選ぶときの注意点
  • おすすめの料理用赤ワイン
  • 赤ワインを使ったおすすめ料理

よくレシピを見ていると「赤ワイン 100cc」みたいな書き方をしていると思いますが、実際にどんな赤ワインを使ったらいいかわかりませんよね。

とっさに必要であれば、自宅にあまっている赤ワインを利用しても問題はありません。(結論何でもOKなんです)

急でなければ1つでも常備しておけば料理の幅も広がり色々なシーンで活用できます。

しかも、赤ワインを使うことで料理にもたらす良い効果もたくさんあるので、普段の料理をワンランクアップさせてくれること間違いなしです!

ちなみに当ブログでおすすめしている料理用赤ワインはこちらです。

サントリー クッキングワイン 【赤ワイン ライトボディ 日本 1800ml】

Amazon 参考価格:1,276円(2021年6月時点)
楽天市場 参考価格:6,536円(2021年6月時点)※6本入り

その他期待できる効果やおすすめも紹介するので、是非迷っていた方はご覧ください。

赤、白問わず総合的に料理用のワインを見ておきたいひとはこちらをご覧ください。

スクロールできます
ワイン名参考画像タイプ参考価格容量おすすめ度
サントリー・クッキングワインサントリー 赤赤ワイン1,276円~1,800ml★★★★★
タヴェルネッロ・ロッソタヴェッロ ロッソ赤ワイン1,760円~3,000ml★★★★
サントリー料理天国料理天国 赤赤ワイン367円~500ml★★★
※ワイン名をタップで詳細へジャンプできます
目次

料理に赤ワインを使うと良い効果

赤ワイン
はなこ

赤ワインを使うと何かいいことあるの?

何でもかんでも使えば良いというわけではありませんが、料理用の赤ワインには下記のようなことが期待できます。

赤ワインが料理にもたらす効果
  • 赤ワインの渋みが肉のたんぱく質と結合し、肉がコーティングされ旨味を外に逃がさない効果がある
  • 赤ワインに含まれる有機酸で、肉の保水性を保つことができ、料理をジューシーに仕上げることができる
  • 肉の本来の臭みを消すことができる

よく赤ワインが使われる肉の煮込み料理は、ワインを使うことで誰でも肉を柔らかく保つことができ、加えて料理全体にコクを出すことができます。

また「マスキング効果」で、肉独特の臭みを消すこともできるので、みんなが食べやすい料理に仕上げることも可能です。

めしわいん

料理でいう「マスキング効果」は、なにか調味料を加えて本来その食材で目立つ臭みや脂っこさを抑制する意味と考えてね。

例えば煮込み系なんかは赤ワインを使うのにもってこいの料理のなので、下記の記事のような料理を試しに作ってみてもいいかもしれません。

料理用赤ワインを選ぶときの注意点

赤ワイン
はなこ

選んじゃいけない赤ワインってある?

冒頭でもお伝えしたとおり、前日の赤ワインの残りでもいいですし、開けたけどあまり好みでなかった味のワインでも、何を使っても問題はありません。

ですが、強いて言えば「甘口ワイン」だけはものによって避けた方がいいかもしれません。

赤ワインでも甘口のタイプはたくさんあります。

お菓子とかを作るときにはいいかもしれませんが、基本はドライ(辛口)なタイプの方が万能で使えるのでおすすめしています。

めしわいん

さほど問題ではないので、あまり気にされなくてもいいですよ!

料理用赤ワインのおすすめ3選

赤ワイン

色々な種類の料理用赤ワインがでていますが、その中でも下記の3つでの中から選んでいただければ間違いないでしょう。

自宅の冷蔵庫や収納場所を考慮して選んでみてください。

スクロールできます
ワイン名参考画像タイプ参考価格容量おすすめ度
サントリー・クッキングワインサントリー 赤赤ワイン1,276円~1,800ml★★★★★
タヴェルネッロ・ロッソタヴェッロ ロッソ赤ワイン1,760円~3,000ml★★★★
サントリー料理天国料理天国 赤赤ワイン367円~500ml★★★
※ワイン名をタップで詳細へジャンプできます

【おすすめNo.1】サントリー・クッキングワイン

サントリー クッキングワイン 【赤ワイン ライトボディ 日本 1800ml】

Amazon 参考価格:1,276円(2021年6月時点)
楽天市場 参考価格:6,536円(2021年6月時点)※6本入り

飲食店でもご愛用いただいている1.8L入りのお徳用クッキングワイン赤です。
洋風料理だけでなく、和風の煮物・焼き物からサラダのドレッシングソースにまで幅広くお使いいただけます。
“コックさん”をモチーフにしたパッケージ。

扱いやすいペットボトル容器入りです。

こんな方におすすめ
こんな方は要検討
  • まだ料理用の赤ワインをもっていないひと
  • よく赤ワインを使うひと
  • なるべく安い価格でさがしているひと
  • あんまり料理しないひと
  • ワインを飲んでて、よくあまらせてしまうひと

【おすすめNo.2】タヴェルネッロ・ロッソ

タヴェルネッロ ロッソ(バッグ イン ボックス) 赤ワイン ライトボディ イタリア 3L

Amazon 参考価格:1,761円(2021年6月時点)
楽天市場 参考価格:1,760円(2021年6月時点)

イタリア語で「小さな居酒屋」を意味するタヴェルネッロはイタリアで30年以上も愛されているブランドです。
はっきりとした赤い果実を感じる香りで、口当たりが柔らかくバランスの良い、優しい味わいの赤ワインです。
肉料理はもちろん、揚げ物もさっぱり楽しめます。
トマトソースのパスタとの相性も抜群です。

こんな方におすすめ
こんな方は要検討
  • 大容量で欲しいひと
  • 飲む用と兼用にしたいひと(笑)
  • なるべく安い価格でさがしているひと
  • 置き場所に不安なひと(3Lのため)
  • ワインを飲んでて、よくあまらせてしまうひと

【おすすめNo.3】サントリー 料理天国

サントリー 料理天国【赤 500ml】

Amazon 参考価格:5,415円(2021年6月時点)※12本入り
楽天市場 参考価格:367円(2021年6月時点)

「料理天国」はワインと料理の専門家が、料理をおいしく仕上げることを一番に考えてつくり上げた料理用ワイン。1979年の発売以来、ご家庭やプロの方にも永くご愛用いただいているロングセラーです。
煮込み料理や、ワイン蒸しの他、ゼリーなどのデザートに使うと、大人の味わいに!お肉やわらか!香りふっくら!ご家庭の料理をおいしく引き立てます。

こんな方におすすめ
こんな方は要検討
  • まだ料理用の赤ワインをもっていないひと
  • 確実に冷蔵庫に入る大きさがいいひと
  • なるべく安い価格でさがしているひと
  • あんまり料理しないひと
  • ワインを飲んでて、よくあまらせてしまうひと

料理用の赤ワインを使ったレシピ

赤ワイン
はなこ

せっかくだから赤ワインを使った料理を作ってみたい!

赤ワインはとくに「肉料理」に使うことが多くあります。

その中でも簡単な調理方法は「煮込み料理」か「ソース」に利用することです。

当ブログでも作ってみて、SNSでも高評価だったのがこちらでございます。

しそ入り豚挽き肉のつくね

つくね

しそをつかった思いっきり和食の料理ですが、肉汁をそのまま使って赤ワインをプラスしてコクを出していくと、お料理のレベルもグッとアップします。
ハンバーグみたいに簡単なので、是非参考にしてください。

ポイント
  • たまねぎ、生姜は荒くすることで食感が楽しめます(好みなので、お子様がいるひとは控えめでもOK)
  • 挽き肉を混ぜるときは、しっかり白くなるまで混ぜると美味しくなります
  • タレをごはんにかけても美味しいです!

もっとほかの料理もみたい方は、筆者のインスタグラムもご覧ください。

【まとめ】普段の食卓をワンランク美味しくする料理用赤ワイン

赤ワイン

本記事は「料理用に使えるおすすめの赤ワイン」について解説しました。

赤ワインを使うことで、普段の料理にコクや深みを与えてくれるいい効果もたくさんあります。

もしレシピを見ていて「赤ワイン〇〇」と書いてあったら、こちらで紹介した商品を是非候補にしてみてください。

スクロールできます
ワイン名参考画像タイプ参考価格容量おすすめ度
サントリー・クッキングワインサントリー 赤赤ワイン1,276円~1,800ml★★★★★
タヴェルネッロ・ロッソタヴェッロ ロッソ赤ワイン1,760円~3,000ml★★★★
サントリー料理天国料理天国 赤赤ワイン367円~500ml★★★
※ワイン名をタップで詳細へジャンプできます

さらに料理用の白ワインも知っておきたい方はこちらでしっかり説明しています。

また、せっかく美味しい料理を作ったから、飲みやすい赤ワインと合わせたい方は、下記のおすすめワインもご覧ください。

以上でございます。

「めしわいん (@meshi_wine)」からご覧いただきありがとうございました。

赤ワイン

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いたひと

飲食業で5年勤務し、その後外資系ワイン会社に転職。
営業職、通信販売部でワインの販売運営し退社。
現在ワインと料理のブログ運営、SNS運用代行をメインに活動。
「日本社団法人ソムリエ協会 ソムリエ」取得。

このブログは、今よりもっと楽しく豊かな食卓をおくるために、ソムリエが誰でもできる再現性のある内容で、ワインのおすすめや情報をお届けしています。

コメント

コメントする

目次
閉じる