ワインの無料相談・診断ができる公式LINEができました

実際に使う言葉はこれだけ!ワインの色調の英語表現

はなこ

ワインの色の英語表現が知りたい!

ワインの色の表現がわかると、旅行のときやソムリエの試験のときにも役立ちますよ!

この記事の概要
  • ワインでよく使う色の英語表現について
  • ワインの色から想像できる味のイメージ
  • ワインの色を英語で知っておくといいこと

意外と生活の中でワインの色の英語表現は多くのシーンで使われていて、とっさに調べたりすることも多いのではないでしょうか。

\よくある質問/

赤ワインってそもそも真っ赤ではないけど、どうやって英語で言えばいいの?

ルビーやガーネット色なんて表現をしたりします

黄緑(yellow green=イエローグリーン)のような薄い色のワインは、白ワインの表現で合ってるの?

はい、緑がかったなんて言葉も使いますよ

なんだかんだ例をだしたらキリがないのですが、ワインでよく使う色の単語だけは覚えておくはおすすめです。

\赤ワインで良く使う色/

ケンゾーエステイト

\白ワインで良く使う色/

白ワイン 料理用

\ロゼワインで良く使う色/

飲めない ワイン

すべてをおぼえる必要性はありませんが、必要な部分を必要なだけ知識として蓄えておくと旅行やテイスティングの勉強にも役立ちます。

是非気になる方は参考にしてください。

目次

よく使うワインの色調を表現する英単語

ワイン 色

実際のワイン資格試験や、レストランなどでも使う表現だけを集めました。

また、色から想像できる味わいのポイントも合わせて解説いたします。

白ワインの色調

スクロールできます
英語日本語使われる頻度(◎、〇、△)
colorless無色
old-gold 亦銅色がかった
yellow黄色
topazトパーズ
yellow-green イエローグリーン
honey蜂蜜色
pale-yellow薄い黄色
lemon yellowレモンイエロー
yellow-gold黄金がかった黄色
straw-yellow麦藁がかった黄色
mahoganyマホガニー
amberアンバー
brown茶色
  • レモンイエローやイエローグリーンの色調のワインは、さっぱりとした軽めの味わいのワインになる傾向。
  • イエローゴールドのような黄金色の濃い色味の白ワインは、果実味に富んだボリューム感のあるワインの味に仕上がりやすい傾向。

赤ワインの色調

スクロールできます
英語日本語使われる頻度(◎、〇、△)
red赤色
blue青色
dark-purple深い紫色
crimson深い紅色
rubyルビー色
tawny深いブラウン
maderizedレンガ色
red-brown茶色がかった赤
bright-red明るい赤色
cherry-redサクランボ色
  • ボージョレー・ヌーヴォーや、色味の薄いルビー色のような赤ワインは、フレッシュな酸味と飲み口の軽いタイプの味になりやすい傾向。
  • ダークパープルのような深い色味のワインは、渋み、酸味ともに強いしっかりとした重めの味わいに仕上がります。

ロゼワインの色調

スクロールできます
英語日本語使われる頻度(◎、〇、△)
gray灰色
off-whiteわずかに灰色がかった
pink-purple紫色がかったピンク
peony
apricot アプリコット
salmon サーモン色
orangeオレンジ色
pinkピンク色
strawberryストロベリー色
brick redレンガがかった赤
dusty pink灰色がかったピンク
  • ピンク色の中でもグレーやサーモンの色味がかったロゼワインの傾向は、すっきりした辛口が多い。
  • ピンクの中でも特に濃厚でオレンジ色や赤系の色味が強いロゼワインは、酸味が控えめでイチゴのようなニュアンスが出るワインになる傾向です。

ワインの色調を英語で表現した文章例

ワイン 色
はなこ

文脈からも表現を理解しておきたい!

決して正確でなくても伝えたいニュアンスはあると思うので、下記の文章例も参考にして、是非実践してみてください。

スクロールできます
よく使えるフレーズ英語日本語
The color of a wine is an indication of its age. ワインの色は、ワインの年齢を表しています
There is a link between the intensity of the color and aromas of wine. ワインの色の濃さと香りには関連があります
The color’s depth is related to different agents terroir, climate and grapes.色の濃さには、風土、気候、 ブドウ品種といった要素が関係しています
This white wine is pale because it comes from a cool region.この白ワインの色が薄いのは、冷涼な産地で造られたからです
Due to the soil type in this region, the wine’s color is vivid but rarely deep. この土地の土壌の性質上、ワインの色は鮮やかでも、 滅多に濃くはなりません
This white wine has a golden hue because it comes from a warm area where the grapes can ripen more fully. この白ワインに黄金色の色調があるのは、 温かい地方で造られたからで、そこではほかの場所よりもブドウが成熟します
The color lightens from center (core) to rim. ワインの色は中心部から縁にむかって明るくなります
Nice purple color typical of Syrah. きれいな紫色の色調はシラーの特徴です
Deep color due to oxidation. 濃い色調は酸化によるものです

さらに効果的におぼえていきたいひとは、オンライン英会話スクールを利用してみることです。

オンライン英会話がおすすめの理由は以下のようなことがあげれます。

  1. 好きな時間に受けられる!
  2. オンラインであればワインを飲みながらでもできる!
  3. 色々な国の講師がいるので、様々ワインの文化を知ることができる!

海外のひとは日本人よりもワインの消費量が非常に多いので、ワインに対してのリテラシーも高く、レッスンのトピックでワインの話題を出すと大変喜んでくれます。

さらに、最近のオンライン英会話は、初回の無料体験がほとんどついているので、安心して受講ができるのもいいところです。

はなこ

おすすめのオンライン英会話はどこ?

もし、ワインの勉強と並行しておぼえていきたい方はネイティブキャンプがおすすめです!

おすすめの理由
  • 7日間の無料トライアルが受けられる(他と比べてもかなり長い期間)
  • 東ヨーロッパの講師が多く、ワインについて詳しいひとが多い!(実体験)
  • 1日何回でも受講できて、それにも関わらず安い!
めしわいん

僕自身も5年以上愛用していて、「ワインと英語」勉強をするのに、ヨーロッパの講師がたくさんいたことが非常によかったので、大変おすすめできます!

とってもいい感じに聞こえるかもしれませんが、デメリットもあるので合わせて確認しておきましょう。

デメリット
  • レッスンの時間によってはアジア系の講師になってしまう(あまりワインを知らない講師)
  • 人件費の高騰によって、度々値上げがされる
  • 発音が国によって違うので同じトピックを立ち上げても表現の仕方で迷うときがある

それでも、時間帯を上手に組めばヨーロッパの講師と会話もできますし、たとえアジア圏でワインを飲まない講師でも、トピックを共有して一緒にワインの勉強ができるので、工夫次第でいかなる方法もできます。

唯一はお値段の問題。。。

ここだけは、ご自身のお財布と相談してくださいね。

会員様の声(ホームページ参考)

会員様のレビュー その①

接客業で外国の方と話す機会があった際、以前は日本語とジェスチャーで乗り切ろうとしていたが、積極的に英語でコミュニケーションを取ろうとチャレンジすることができるようになった。考え事をする際、無意識に英語で考える習慣がついた。無料体験レッスンはサービスを知るのにとても役立った。

20代後半 / 女性
会員様のレビュー その②

カランレッスンを中心に受講していますが、どの先生もとても熱心で真面目でハズレと感じたことはほとんどありません。講師のトレーニングが行き届いていると感じています。

20代前半 / 男性
会員様のレビュー その③

他校と違い、何時からと決まっていないので非常にクラスが取りやすく、また、いろんな国の先生が増えて非常にありがたいです。先生も勉強!って感じでなく話しやすいのでとても良いです。
子供も英語で話す楽しさを学び、英語が大好きです!

10代後半 / 女性

是非、いきなり費用をかける前にまずは無料のトライアルからためしてみてください。

いつでもどこでも受けられる
\始めるなら今がチャンス/

ワインの色調の英語表現をおぼえて生活にどんどん役立てよう

ワイン 色

本記事は「ワインの色調の英語表現」について解説いたしました。

色調を英語でおぼえるだけでワインの味わいや旅行先でも好みのワインを伝えることができるようになるので、是非利用してみてください。

またワインの生産国別でのワインの呼び方や、これをきっかけにワインを勉強しようとしている方は、下記を参考にしてください。

以上でございます。

「めしわいん (@meshi_wine)」からご覧いただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いたひと

飲食業で5年勤務し、その後外資系ワイン会社に転職。
営業職、通信販売部でワインの販売運営し退社。
現在ワインと料理のブログ運営、SNS運用代行をメインに活動。
「日本社団法人ソムリエ協会 ソムリエ」取得。

このブログは、今よりもっと楽しく豊かな食卓をおくるために、ソムリエが誰でもできる再現性のある内容で、ワインのおすすめや情報をお届けしています。

コメント

コメントする

目次
閉じる