Amazonブラックフライデーのおすすめワインを紹介中

【ワインに合う簡単魚レシピ】何度も作りたくなる鯛のカルパッチョ

カルパッチョ
  • URLをコピーしました!
このレシピの概要
  • 料理の材料
  • 実際の作り方
  • 合わせたおすすめワイン

「スパークリングワインに合う料理」で頭を悩ましてしまうひとは、今回紹介する「超簡単!鯛のカルパッチョ」が、材料さえ揃えば短時間で作ることができるので大変おすすめです。

白身のお刺身は淡白な味ですが、アレンジ次第では無限にワインと合わせることができるので、困ったときは材料のひとつに加えてみるのもひとるの手です。

僕は「鯛」「かれい」「たこ」などよく使いますが、このあたりもその時の安く売っているものや旬なものでもいいと思います。

白ワインやスパークリングワインが合うので、是非参考にしてください。

目次

【材料】超簡単!鯛のカルパッチョ

カルパッチョ

材料費:500円前後

材料(約1~2人前)分量
鯛(刺身用)10枚程度
サニーレタス1枚
たまねぎ1/4個
ラディッシュの新芽(かいわれでもOK)適量
ミニトマト4個
レモンお好み
適量
胡椒適量
オリーブオイル適量

【作り方】超簡単!鯛のカルパッチョ

所要時間:15分

STEP
サニーレタスを細かくちぎって、たまねぎは薄くスライスする

なるべく細かい方があとで食べやすくなります

STEP
レタス→たまねぎの順に盛り付け

適当でも大丈夫(笑)

STEP
鯛を並べる

ここの盛り付け方も自由!

STEP
トマトとラディッシュの新芽をちらす

お好みで食べやすい大きさにカットする

STEP
オリーブオイル、塩、胡椒で味を整える

鯛は淡白な魚なので、ここでしっかり味をつけていく

STEP
食べる前にレモンを絞って完成

レモンはお好みですが、酸味がワインと絶妙に合います!

カルパッチョ
ポイント
  • サニーレタスの方が通常レタスよりも食感が邪魔をしないのでおすすめ
  • 酸味が苦手でなければレモンは魚の臭みも消してくれてより美味しくしてくれます
  • 鯛以外の白身魚やサーモンでも作れます

もっとほかの料理もみたい方は、筆者のインスタグラムもご覧ください。

【合わせたおすすめワイン】レ・コンテッセ ボンニ ・スプマンテ・ ブリュット・ ミレッジマート

レ・コンテッセ ボンニ ・スプマンテ・ブリュット・ミレッジマート

メーカー 参考価格:1,600円~(2022年2月時点)
当ブログ評価:(5)

スクロールできます
ワイン名レ・コンテッセ ボンニ ・スプマンテ・ブリュット・ミレッジマート
タイプスパークリングワイン 白
生産国イタリア
ブドウ品種リボッラ・ジャッラ、シャルドネ、グレーラ
レ・コンテッセ ボンニ ・スプマンテ・ブリュット・ミレッジマート
味のタイプ
甘い
辛い
酸味
低い
高い
果実味
低い
高い

地元ブドウ2種とシャルドネをブレンド。淡い麦わら色、繊細で長く続く泡立ち。(2次発酵後、最大3ヶ月間しっかりと熟成させるため)
リンゴや洋ナシ、シトラスのフルーティーなアロマにフローラルな香りが混じります。
フレッシュな酸味がさわやかな余韻を残す、アロマティックな年号入りスパークリングワイン。

こんな方におすすめ
こんな方は要検討
  • 乾杯用にシャンパンにも負けない美味しいワインをさがしているひと
  • プレゼントでワインを使いたいひと
  • 食事と合わせやすいワインが欲しいひと
  • これといってなし
カルパッチョ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いたひと

大学卒業後、上場飲食会社に就職。
その後外資系ワイン会社に転職しワインコンサルタントとして営業、通信販売部マネージャーを経験し退社。

在籍時に「一般社団法人 日本ソムリエ協会 ソムリエ」を取得。

現在はEコマース支援会社に勤務しながら、夫婦でワインのウェブサイト運営、販売、レシピ撮影、開発をしています。

2021年よりNadiaアーティストとしてレシピも掲載しています。

このブログは、今よりもっと楽しく豊かな食卓をおくるために、ソムリエが誰でもできる再現性のある内容で、ワインのおすすめや情報をお届けしています。

コメント

コメントする

目次