ワインの無料相談・診断ができる公式LINEができました

【超簡単】初心者でもわかりやすい魚とワインの合わせ方

はなこ

ワインと魚をどうやって合わせたらいいの?

この記事の概要
  • ワインと魚の合わせ方
  • 魚が生臭い原因と対処法
  • 魚の種類別に合うワイン

「肉=赤ワイン」「魚=白ワイン」という話は聞いたことあっても、魚にも種類があるのでどのタイプの魚にどのワインが合うかなんて、考えるだけでも難しそうですよね。

そんな方のために、こちらではワイン初心者の方でもわかりやすく「魚とワインの合わせ方」を種類ごとに解説いたします。

実はお肉同様魚の場合も、基本さえしっかり理解していれば誰でも今日から実践できることなので、夕食時やパーティーの際活用してみたい人は是非参考にしてください。

目次

魚の生臭さの原因と対応策

はなこ

そもそも魚の生臭さはなんなの?

まず、魚の生臭さの原因を「魚自体」と「ワイン」とで別々で説明いたします。

生臭さの原因
  • 魚の成分「トリメチルアミン」が原因で生臭さを発生させる
  • 魚の脂質が時間を経過するごとに酸化してしまう

「トリメチルアミン」は元々「トリメチルアミンオキシド」という物質だったものが、時間が経つにつれ分解されていったものをいいます。

この物質が多くなるとアンモニア臭みたいな臭いをだし、生臭さを感じさせます。

また魚の脂質は水揚げ後、時間の経過とともに酸化してしまい過酸化脂質へと変化していきます。

これが酸化臭となって生臭さくなる原因でもあります。

ワインが生臭さを起こす原因

日本でもワインの研究がすすみ、この原因でいわれているのがワインに含まれる「鉄イオン」です。

「鉄イオン」にはいくつか種類があるのですが、その中のひとつがワインの中に多いと、生臭さを引き起こす原因を引き起こします。

そして、ワインの産地や種類によって鉄の量がそれぞれ異ります。

逆にたくさん含まれていると、ワイン自体も濁ってしまう可能性もあるため、生産者もワイン造りの際は特に注意をしています。

この「鉄イオン」と上記で説明した過酸化脂質が反応した時に、瞬時に生臭さを発生させます。

単純に赤ワインの方が魚と飲んだ瞬間、臭みが強そうなイメージがありますが、あくまでも鉄の量ということで、赤、白ワインでの違いで生臭さが変わるわけではないことを、おぼえておききましょう。

生臭さをなくす対処法

簡単な方法なので、下記の3点にまとめました。

生臭さをなくす方法

過酸化脂質を減らす方法

オリーブオイルやバターを利用する

ワインに含まれる鉄を包む場合

レモンなどのクエン酸が高いものを使う

臭みの成分を熱やアルコールで飛ばす方法

調理して解決する

オリーブオイルやバターを利用する

海外の人たちが魚とワインを上手に合わせられる理由として、過酸化脂質を減らす食事をしていることです。

過酸化脂質は水分や油に弱いので、材料と同じ量くらいのオリーブオイルやバターを使うことで、臭いの成分が脂で中和されます。

これを知っているだけで、臭みを抑えてワインを楽しめるということです。

レモンなどのクエン酸が高いものを使う

同じ要領でレモンなど食材に絞ってから食べるのもひとつの方法です。

いい例は牡蠣などがあげられますが、酸味の効いたレモンを絞ることは味を美味しくするだけでなく、科学的な根拠があるということも覚えておいたほうがいいでしょう。

調理して解決する

火をかけることで、過酸化脂質を熱で分解し煙と一緒に逃がしてしまえば、ワインを飲むときも鉄イオンが反応せず美味しくいただけます。

どの方法にしてもひと手間加えるだけで実践可能なので、是非ワインを飲むときに取り入れてください。

魚に合うワインは身近にあります【種類別でまとめました】

魚とワインを合わせる問題点を解決できたところで、種類別におすすめワインをご紹介いたします。

白身魚【バターを使ってムニエル風がおすすめ】

淡白でこれといって特徴のない白身魚は、調理方法でワインとの相性も大きく変わってきます。

おすすめはバターを使ったムニエルやソテーした白身魚料理

魚の臭みもなく、コクのある白ワインと非常に合わせやすくなります。

ムニエルといっても簡単な料理なので、リッチなワインとお召し上がりください。

ビコーズ・アイム・シャルドネ・フロム・カリフォルニア

ビコーズ アイム シャルドネ フロム カリフォルニア

Amazon 参考価格:1,815円~(2021年3月時点)
楽天市場 参考価格:1,518円~(2021年3月時点)

ワイン名ビコーズ アイム シャルドネ フロム カリフォルニア
タイプ白ワイン
生産国アメリカ
ブドウ品種シャルドネ
ビコーズ CH

グレープフルーツやパッションフルーツ、ライムの香りが立ち昇る。
芳醇なフルーツ感が広がる味わいで、みずみずしさとふくよかさがバランスよく調和し、綺麗な酸味がテイストを見事に引き締めています。

こんな方におすすめ
こんな方は要検討
  • 酸味が苦手で、なるべく控えめな味をさがしているひと
  • しっかりした味のワインを飲みたいひと
  • さっぱり系のワインが飲みたいひと

青魚【意外に赤ワインも好相性】

脂ののったサバなどのお刺身は、軽めの赤ワインがよく合います。

ワサビと醤油をつけたお刺身であれば、渋味の少ない適度な酸味のもの選べば驚くほど食が進むので、是非1度試していただきたい方法です。

また、柑橘系を絞って臭みを消した爽やかに青魚を楽しむ場合は、日本の甲州種のワインが圧倒的におすすめです。

なにより「甲州種」は、鉄分の量が少ない品種でもあります。

素材の邪魔をせずに、本格的なマリアージュを体感できるでしょう。

J.マイヤー・ピノ・ノワール

J.マイヤー・ピノ・ノワール

楽天市場 参考価格:1,210円~(2021年3月時点)

ワイン名J.マイヤー・ピノ・ノワール
タイプ赤ワイン
産地ドイツ
ブドウ品種ピノ・ノワール
Jマイヤー ピノ・ノワール

豊かなフルーツの香り、ブラックチェリーやブラックカラントの濃厚な風味、なめらかでドライな余韻を残す後味。
エレガントでバランスのとれたワインです。

こんな方におすすめ
こんな方は要検討
  • 口当たりが軽めのワインをさがしているひと
  • 手頃でも美味しいピノ・ノワールを飲んでみたいひと
  • フルボディのワインを飲みたいひと

赤身【料理とワインの合わせ方の基本を実践】

赤身の魚は赤ワインで合わせることをおすすめします。

ワインと料理の合わせ方の基本「ワインの色と料理の色で合わせる」を、是非実践していただきたいと思います。

少し血の気のある赤身の魚は、ブルゴーニュの上品で野生のニュアンスがある赤ワインと合わせていただくと、魚本来の味わいを存分に楽しむことができます。

そして、これは外国の人も意外と喜ぶ和食とワインのマッチングのひとつです。

ルイ・ジャド・ブルゴーニュ・ピノ・ノワール

ルイ・ジャド・ブルゴーニュ・ピノ・ノワール

Amazon 参考価格:2,616円~(2021年3月時点)
楽天市場 参考価格:2,616円~(2021年3月時点)

ワイン名ルイ・ジャド・ブルゴーニュ・ピノ・ノワール
タイプ赤ワイン
産地フランス
ブドウ品種ピノ・ノワール
ルイ・ジャド

ふくよかなフルーツらしさと絹のような舌触りと優しいタンニンを持った、穏やかで調和の取れた香味に仕上がっています。
若いときには赤い果実のフルーティさを発揮し、時間とともに、森の枯れ葉の香りや、スパイシーさなど、より熟成した香りで楽しませてくれます。

こんな方におすすめ
こんな方は要検討
  • 上品なワインが好きなひと
  • 手頃でも美味しいピノ・ノワールを飲んでみたいひと
  • フルボディのワインを飲みたいひと

貝類【手っ取り早いのがスパークリングワイン】

牡蠣やハマグリなど、日本人も好きな貝類はスパークリングワインがよく合います。

貝類は殻に覆われているので菌が繁殖しやすいのですが、酸味を利かしたレモンやすだちなどで殺菌をし、シンプルに素材を味を楽しむ。

そのうえで爽快なスパークリングワインを流し込む。

これが1番の合わせ方です。

スペインや地中海地方では定番の合わせ方なので、ビールではなくてちょっとおしゃれに合わせてみてください。

インヴィーヴォ・マールボロ・スパークリング・ソーヴィニヨン・ブラン

インヴィーヴォ・マールボロ・スパークリング・ソーヴィニヨン・ブラン

Amazon 参考価格:2,750円~(2021年3月時点)
楽天市場 参考価格:2,310円~(2021年3月時点)

ワイン名インヴィーヴォ・マールボロ・スパークリング・ソーヴィニヨン・ブラン
タイプスパークリングワイン 白
生産国ニュージーランド
ブドウ品種ソーヴィニヨン・ブラン
invivo スパークリングワイン

今、世界が注目しているニュージーランドワインの中でも特に評価の高い「ソーヴィニヨン・ブラン」から作られた辛口スパークリングワイン。
ニュージーランドのソーヴィニヨン・ブランが持つ特徴はそのままに、泡の爽快感が口の中に広がります。

こんな方にはおすすめ
こんな方は要検討
  • さっぱり系のワインをさがしているひと
  • お昼間から楽しみたいひと
  • 口当たりの濃いワインを飲みたいひと

【まとめ】生臭さを消してワインと一緒に楽しもう

本記事は「魚とワインの合わせ方」について解説いたしました。

皆さんが気になる魚の生臭さをまずは解決することで、その後のワイン選びは自由自在なので、ビールや日本酒に飽きた方は試してみる価値ありです。

またお魚に限らず、お肉とワインの関係性も知りたいひとはこちらも参考にしてください。

以上でございます。

「めしわいん (@meshi_wine)」からご覧いただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いたひと

飲食業で5年勤務し、その後外資系ワイン会社に転職。
営業職、通信販売部でワインの販売運営し退社。
現在ワインと料理のブログ運営、SNS運用代行をメインに活動。
「日本社団法人ソムリエ協会 ソムリエ」取得。

このブログは、今よりもっと楽しく豊かな食卓をおくるために、ソムリエが誰でもできる再現性のある内容で、ワインのおすすめや情報をお届けしています。

コメント

コメントする

目次
閉じる